ネスカフェアンバサダーでバリスタアイ(バリスタi)を使ってみたレビュー

オフィスにネスカフェアンバサダーを設置

2018/3/12更新
会社のオフィスにネスカフェアンバサダーを導入してみた

オフィスなどの職場で、一杯30円で美味しいコーヒーが飲めるネスカフェアンバサダー。

「ネスカフェアンバサダ~♪」のCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

今回、僕の勤めている会社でネスカフェアンバサダーを利用してバリスタアイ(バリスタi)を設置したのでレビューしようと思います!

ネスカフェアンバサダーとは

今あなたは職場で一日に何杯のコーヒーを飲んでいますか?「美味しいコーヒーを飲みたい。でもコーヒー代をもう少し安くしたい。」と思ってる人にはネスカフェアンバサダーが最適です。

「ネスカフェアンバサダー」をたまにコーヒーマシンの名前と思っている人もいますが、機械ではなくサービス(あるいはそれを申し込んだ担当者)のことです。

ネスカフェアンバサダーに申し込むと、ネスカフェバリスタ、ドルチェグスト、スペシャルTのマシンを無料レンタルして利用できます。

必要なのはコーヒーやお茶の料金だけ。ネスカフェのコーヒーマシンは非常にコストパフォーマンスが高くて、1杯20円~100円程度で美味しいドリンクを楽しむことができます。

ちなみにネスカフェアンバサダーになるのに資格などは要りません。職場での利用であれば、職場のメンバー(上司)にコーヒーメーカーを設置するOKをもらうだけです。

小さな会社の社長さんが福利厚生の一貫としてネスカフェアンバサダーを設置されることも多いそうです。

ネスカフェアンバサダーが利用できる条件

ネスカフェアンバサダーは会社やお店(店舗)、サークルなど人が集まる場所で利用できます。

僕は会社のオフィスで使っていますが、美容室、ネイルサロン、エステサロン、整体院、整骨院、自動車屋さんなど、お客様用に待合室で利用するのもおすすめです。
美味しいので、飲食店で食後のコーヒー用に利用されているところもあります。

ネスカフェアンバサダーは1人の職場でも利用できます。コーヒーは少量でも注文できるので個人事業主や少人数の職場でも利用できます。

バリスタiのアイスコーヒー

Q.個人ではネスカフェアンバサダーに申し込めないの?

個人(一般家庭)の場合はネスカフェアンバサダーではなく個人向けの「ラクらく定期お届け便」とういサービスがあるのでそちらを利用しましょう。

⇒個人向けバリスタアイ定期便の記事はこちら

⇒個人向けドルチェグスト定期便の記事はこちら

申し込みから利用までの流れ

ネスカフェアンバサダー導入までの流れ

ネスカフェアンバサダーはインターネットでネスレの公式ホームページから申し込みます。

⇒【ネスレ公式】ネスカフェアンバサダーの申し込みはこちら

申し込み後、ネスレから電話の連絡があり、会社やお店などでの利用かどうかを確認されます。

確認が終わったら混雑具合にもよりますが2週間でマシンが送られてきます。エリアによってはネスレの営業スタッフがマシンを直接持って来て使い方などを説明してくれることもあるようです。

あとは思う存分コーヒーを楽みましょう!

このページの最下部にも詳しい申し込み方法を載せておきます。

アンバサダー(申し込み者)の役割は?

ネスカフェアンバサダーに申し込んだ人は「アンバサダー」担当者としてコーヒーの管理を行います。

コーヒーの管理っていうと結構大変そう?と思いますが、ネスレのコーヒーマシンは使い方が簡単で、コーヒーの粉などは宅配で送ってきてくれるので大した負担ではありません。

基本的にコーヒーは定期配送で決まった期間ごとに決まった量が送られてきます。ちょっと余りすぎてるなとかちょっと足りないなというときだけ、Webサイトから発注量を増やしたり配送日を変更するだけです。

ネスカフェアンバサダーで使えるマシン

ネスカフェアンバサダーでは3種類のマシンを利用することができます。僕は会社でバリスタアイ、自宅ではドルチェグストを使っています。

ネスカフェゴールドブレンドバリスタアイ

「ネスカフェゴールドブレンド」のインスタントコーヒーに圧力をかけて抽出することで香り高い美味しいコーヒーを作ってくれるマシンです。

ネスカフェアンバサダーの中で費用が最も安い人気のマシンです。個人の家庭で使われている物も含めて、バリスタシリーズは日本で最も売れているコーヒーメーカーです。

金額は一杯20円~。粉が6種類あり、最も高級なネスカフェプレジデントでも一杯当たり30円程度です。

ネスカフェドルチェグスト

インスタントコーヒーを使うバリスタとは異なり、専用のカプセルで一杯ずつコーヒーを抽出するマシンです。

カプセルの中に挽き立ての豆を密封してあるので鮮度が高く、カフェで飲むような本格的なコーヒーを楽しむことができます。

さらにすごいのは、カプセルを入れ替えることで14種類以上のドリンクメニューが飲めること。

レギュラーコーヒーだけでなくカプチーノやティーラテ、チョコチーノ(リッチなココア)など様々なバリエーションメニューが揃っています。

一杯あたりのコストは60円~100円程度とちょっと高くなりますが、バリスタよりも味を求める人にはドルチェグストがおすすめです。

ネスカフェスペシャルT

お茶専用マシンのスペシャルT。ボタンひとつで最適な温度と時間で抽出された完璧な一杯を作ってくれます。玉露、ほうじ茶、玄米茶などの日本茶、アールグレイ、ダージリンなどの紅茶、他にも中国茶やフレーバーティー、ハーブティーなど15種類以上のお茶が作れます。

料金は一杯あたり50円程度。紅茶が美味しいので、特に女性が多い職場で重宝されるかもしれません。

会社でネスカフェアンバサダーを利用してみたレビュー

僕の会社でもネスカフェアンバサダーを使って最新型のネスカフェゴールドブレンド バリスタアイ(バリスタi)を導入してみました。

オフィスにネスカフェアンバサダーを設置
▲当社に設置したバリスタi 。IKEAの棚にすっぽり収まりました。

うちは15人ほどの事務所で、「安くて美味しいですよ~みんな喜びますよ~」と所長を説得してOKをもらいました。
設置初日はみんな興味津々。

「これCMでやってるやつやんな?」と知ってる人も多いです。

まずは一番ノーマルなネスカフェゴールドブレンドを入れてみました。料金は後々変更するかもしれませんがとりあえず一杯30円に設定しました。

エコ&システムパック(800円程度)は一本で約55杯作ることができます。集まるお金は30円×55杯=1,650円なので十分足ります。余った分はシュガーや紙カップなどの備品用にプールしています。

ちなみにプール分を徴収せずにコーヒー代だけでOKなら一杯20円くらいです。

バリスタアイでは牛乳かネスレブライト(粉ミルク)を使うとカフェラテやカプチーノも作れますが、管理が大変なので牛乳は各自で買って冷蔵庫に保管してもらうことにしました。最初なので、6種類全部のコーヒー豆を注文してみました。

使ってみた感想は・・・
美味しい!普通にお湯を混ぜて作るだけのインスタントコーヒーよりも香りが豊かでこれが一杯30円で飲めたら十分です。

僕の会社は1時間ごとに10分間の休憩タイムがあるのですが、バリスタアイは1分もかからず抽出できるので休み時間をフルに利用することができます。

ネスカフェアンバサダーを使う前は自販機の缶コーヒーやコンビニコーヒーを1日に3回は買ってたので毎日コーヒー代が350円くらいかかっていたのですが、バリスタアイなら5杯飲んでも150円です!

これはコスパいいですね。

ネスレのWebサイトも使いやすく、コーヒーの注文管理が簡単にできます。夏場は飲む量が少なくなると思うので注文量を減らしたり、定期配送の期間を長く設定しようと思っています。

社員からのレビュー・評判

他のスタッフにもネスカフェアンバサダーの感想を聞いてみました。

一杯30円でコーヒーが飲めるのは安い。
セブンイレブンのコーヒーを買ってたけどかなり費用が抑えられるようになった。
今までみたいにビルの下の自販機に行ったり、わざわざお湯を沸かしたりせずに飲みたいと思ったときにすぐ飲めるのが良い。オフィスグリコのチョコレートとの相性が抜群。
カプチーノの泡がふわふわで最高。外で食事した後にカフェに寄らなくて済むようになった。家にも一台ほしい。
飲む人が多いから水がすぐになくなる。水のタンクがもう少し大きかったらいいのに。大容量タンクとか売ってないのかな。

安くて美味しいって言ってみんな毎回の休憩時間に飲むから本当すぐに水がなくなるんですよ。ほぼ毎時間給水しています。

ついでに、ツイッターでも調べてみたらたくさん感想が載っていました。一度はじめたら便利すぎてやめられないですよね。

ネスカフェアンバサダーの申し込み方法

たまに「ネスカフェアンバサダーってどこで買えるの?」という人がいますが、商品ではなくサービスです。基本的にはWebからの申し込みになります。

改めてネスカフェアンバサダーの申し込み方法を説明します。

大まかに説明するとステップは3つだけ。

  1. Webで申し込み
  2. 1週間~10日程で担当者から確認の電話
  3. 希望のマシンをお届け

これだけです。祝日や年末年始などを挟むとマシンの発送まで少し時間がかかるそうです。

地域によってはネスレの担当者がマシンの設置・説明に来てくれます。
まずは下記のリンクからネスカフェアンバサダー公式サイトにアクセスしてください。

⇒【ネスレ公式】ネスカフェアンバサダーの申し込みはこちら

あとは流れに従って会員登録を行い、お届け先の職場の情報やを登録するだけです。僕がWebから申し込んだときは10分ぐらいで申し込み完了しました。

解約について

定期便を辞めたいときは、電話でその旨を伝えるといつでもすぐに解約できます。解約時に無料でレンタルしていたマシンを返送するだけ。

最低利用期間などがないので、「口に合わなかったらどうしよう」「みんな使わなかったらどうしよう」という不安のある方でも安心です。

マシンの故障について

ネスカフェアンバサダーで定期便でコーヒーを購入している限り、初期費用や故障したときの修理など全て無料です。

 

いかがだったでしょうか?

ネスカフェアンバサダーを使うのにかかるのはコーヒー代だけ。初期費用やマシン代は要りません。

職場にバリスタアイが一台あれば、休憩タイムが今までより便利で楽しくなります。コーヒー代を節約したい方にとてもおすすめです!

⇒【ネスレ公式】ネスカフェアンバサダーの申し込みはこちら




【最新機種】ネスカフェバリスタi [バリスタアイ]開封レビュー

スマートフォンから操作できるコーヒーメーカー、ネスカフェゴールドブレンド バリスタi [バリスタアイ]。2016年10月に発売されてからテレビや雑誌で取り上げられ家電量販店でも売上トップの商品です。

そんな最新機種のバリスタアイを、マシン本体が無料でもらえる「コーヒー定期お届け便」で入手したので、使い心地をレビューしたいと思います!


バリスタアイってどんなマシン?

ネスカフェからは大きく分けて2種類のコーヒーマシンが販売されています。ひとつは今回レビューする「ネスカフェゴールドブレンド バリスタ」シリーズ。もうひとつは「ネスカフェドルチェグスト」シリーズです。

ネスカフェゴールドブレンド バリスタ(以下バリスタ)は、その名のとおりネスカフェのインスタントコーヒー「ネスカフェゴールドブレンド」を最高に美味しく抽出するためのコーヒーマシン。普通にお湯を注ぐのとは異なり、圧力をかけて抽出するのでクレマ(泡)のたったエスプレッソンのようなコーヒーが手軽にできるのが魅力です。

一方のドルチェグストは挽きたてのコーヒー豆をカプセルに密封したレギュラーコーヒー。インスタントではなく本物の豆を使って一杯ずつコーヒーを作るので常に挽きたて・淹れたてのコーヒーが楽しめます。

⇒ドルチェグストについてはこちらの記事で

豆を使うドルチェグストの方が味が良いと言われますが、コストパフォーマンスはバリスタの方が優秀で、バリスタは一杯あたり約30円、ドルチェグストは一杯あたり約60円と約半分の費用で済みます。

今時のコーヒーメーカーはタッチパネル操作

家電量販店ではなく、定期便を利用して購入したので注文から4日後にマシンとコーヒがセットで段ボールに入って家に届きました。

早速開封。おまけのガラスマグカップとネスカフェブライトも入っていました。

マシンの大きさは電気ポットぐらい。奥行きはそこそこありますが、横幅がスマートなので狭いスペースでも収まります。抽出部の下にはドリップトレイという受け皿があるので基本的に周りを汚す事はありません。棚の上とかに置いても大丈夫そうです。

初めて使用するときは説明書を見ながらマシン内部の洗浄を行います。説明書は図で解説されており、文字も大きくて見やすくなっています。コーヒー豆は入れずに背面のタンクに水だけセットしてカプチーノのボタンを押します。

バリスタアイは上部のタッチパネルの5つのボタン(+電源ボタン)で操作します。ボタンに軽く触れるとブーンという音とともに上記と水が出てきました。

洗浄が完了したので、早速コーヒーを淹れてみましょう。上部のトップカバーを開けてコーヒータンクを取り外します。バリスタ専用の「エコ&システムパック」はタンクに差し込むだけで粉がタンク内にザーっと入ります。コーヒーの粉をこぼす心配の無いよくできた容器です。

コーヒーを入れたらマシンにセット。電源を入れて約20秒、マシンが暖まるとメニューボタンが光ります。バリスタアイで作れるメニューは5種類。

  • エスプレッソ(80ml)
  • ブラック(140ml)
  • マグサイズ(210ml)
  • カフェラテ(160ml)
  • カプチーノ(140ml)

カフェラテとカプチーノは別売りのネスカフェブライト(粉ミルク)か牛乳を使って作ります。

今回はエスプレッソタイプを淹れてみます。一番上の小さなカップのボタンにタッチ。ブーンという音がして抽出がはじまります。コーヒーの香ばしい香りがふわっと広がりました。

タッチパネルのエスプレッソボタンで抽出

マグカップを見てみると、インスタントコーヒーで淹れたとは思えない立派なクレマ(泡)が乗っています!

バリスタアイのクレマ

飲んでみると、たしかに普通にインスタントコーヒーを淹れたのとはっきり異なるしっかりとした香りとコクのあるエスプレッソに仕上がっています。

本格的なエスプレッソマシンに比べると味は劣るかもしれませんが、たった30円で手軽に飲めるのは非常に魅力的です。

電源を入れてから1分程度でコーヒーができあがるので、お湯を沸かしてインスタントコーヒーを作るよりもずっと簡単で早くできます。これは便利!

ちなみにバリスタの背面タンクに入れるのは水でOKです。マシン内で瞬時に温めてお湯で抽出してくれます。

 

翌朝は牛乳を使ってカフェオレを作ってみました。マグに牛乳を半分ほど入れて、レギュラーコーヒーボタンをピッと。たった1分で抽出完了。ミルクは泡立てていませんが、コーヒーのクレアがあるので表面に薄い泡の層ができています。

バリスタアイで作ったカフェラテ

味もコーヒーのしっかりとした風味がありスティックのカフェオレよりもずっと美味しいのでこれから朝はバリスタアイを使おうと思います。明日はカプチーノを作ってみようかな。

後片付けも簡単!

毎日のお片づけはマシン下部のコーヒーのしずくをためるドリップトレイと内部のコーヒー抽出部部品をすすぐだけ。慣れれば3分程度でできます。1週間に一度程度、内部のコーヒー計量器の拭き取り掃除を行います。

バリスタアイかドルチェグストどっちにするか迷う!

どちらも非常に人気のあるネスカフェバリスタとドルチェグスト。マシンとランニングコストが安い分、販売台数ではバリスタシリーズの方が売れているようですが、味重視のドルチェグストもかなり人気があります。

ここで簡単にバリスタアイとドルチェグストを比較してみましょう。

バリスタアイ シリーズ ドルチェグスト
 20円〜 一杯あたりの費用  50円〜
 約7,000円 マシンの費用  約8,000円〜
 ☆☆★  ☆☆☆
 5種類 ドリンクの種類  14種類以上

私はバリスタアイもドルチェグストも両方持っていますが、味重視でコーヒー以外にもいろんなドリンクを飲みたい人はドルチェグストなるべく費用を安く美味しいコーヒーを手軽に飲みたい人にはバリスタアイが向いてると思います。

用途としては、朝イチや仕事の合間など時間のないときにはボタン2つで即抽出できるバリスタアイが便利です。反対に休日やゆっくりしたいときに使おうと思ってる方にはドルチェグストの方がいいかもしれません。

近所の美容室でもネスカフェアンバサダーを利用してバリスタとドルチェグスト両方を置いていますが、オーナーに聞いたところやはりコストの関係でほとんどバリスタだけを使っているそうです。

⇒仕事用途ならマシンが無料!ネスカフェアンバサダーの詳細はこちら

ご家庭で、バリスタアイが無料で使えるキャンペーン

バリスタアイは新発売記念キャンペーンとして、ネスレ公式によるマシンが無料で使えるキャンペーンを開催中です。

ネスカフェのラクらく定期便というコーヒー定期購入サービスを利用する事で、通常7,000円以上するバリスタアイのマシンを無料レンタルで使う事ができるんです。私もこのキャンペーンを利用してバリスタアイを入手しました。

定期便といっても1か月〜4か月に一度の配送から選べるので、「コーヒーがたまりすぎて飲みきれない!」なんて心配はありません。定期便の注文内容やお届け日はWEBから簡単に変更できるのも嬉しいポイント。

さらに定期便利用中はずっとバリスタアイは無償修理保証の対象になります。お店で普通にマシンを買うと1年で保証が切れますが、これならずっと使えて安心ですね。

しかもこの定期便、解約するときも違約金などはかかりません。必要なのはレンタルのマシンを返送する送料だけ。つまり実質コーヒー代だけでバリスタアイを使い続けることができるということです!

あくまで新発売キャンペーンなので、いつまでやっているかは未定です。バリスタアイ使ってみたい!という人は早めのお申し込みをおすすめします!

⇒バリスタiが無料で使える!定期便キャンペーンの申し込み方法 の記事はこちら

⇒バリスタアイが無料で使えるキャンペーン【ネスカフェ公式】



ドルチェグストの隠れた人気紅茶メニュー!?女性リピーターが多いティーラテカプセルのレビュー

ドルチェグストは「カプセル式のコーヒーメーカー」。

でもコーヒー以外もこんなに美味しく作れるんです!
という事を示してくれるのが、紅茶とフォームドミルクのティーラテ。

今回はティーラテの口コミ・レビューを見ていきましょう!

ティーラテの基本情報

ドルチェグストティーラテ

  • 内容量:8杯分(16P) 981円 定期便だと882円
  • 一杯あたりの分量:220ml
  • 一杯あたりの金額:約123円 定期便だと110円v
  • 原材料:全粉乳、紅茶エキスパウダー、加工油脂、香料、乳化剤(大豆由来)、全粉乳、砂糖、乳化剤(大豆由来)
  • 個人的なおすすめ度:☆☆☆☆★

「ラテ」という言葉はイタリア語で牛乳の入った飲み物。

だから牛乳と紅茶を混ぜたミルクティーとほぼ同義ですが、ドルチェグストは元々イタリアンエスプレッソがコンセプトのひとつなのでイタリアンネームにしているのでしょう。

とは言え普通のミルクティーとはすこし異なります。

このティーラテはまろやかなミルクティーの上にドルチェグストならではのふわっふわのフォームドミルクが乗るのです。

カプセルを2つ使うので一杯約120円とすこし高めですが、味とフォームドミルクの贅沢感にはきっと満足できるはず。

自販機で同じ値段の缶入りミルクティーとは雲泥の差です!

ドルチェグスト公式サイトのレビュー

抽出中から紅茶の香りが部屋中に広がっていました♪口に含むともっと香りを感じました♪甘さ控えめでとても美味しいです!!紅茶好きの母が大絶賛しております(^_-) (cocoさん)

紅茶専門店に足しげく通う紅茶通の友人にもお勧めしてあげたい。お店に通わなくてもおいしい紅茶が簡単に作れるよ!茶葉の芳醇な香りが楽しめるよ! (ねこまるさん)

ヘルシーに、すりゴマときな粉を使った和風Tea Latteにしました(*^^*)ポイントは、よ~くかき混ぜること!きな粉の甘みとゴマのつぶつぶ感がくせになる、あっさりした味わいです。 (ぼくどんちゃんさん)

甘さ控えめのオトナ味でそのままでももちろんオイシイのですが、メープルシロップを少し加えて飲んでみました(^^)♪メープルの香りがプラスされてさらに美味しくなりました☆☆ (さややさん)

アマゾンのレビュー

アマゾンのレビュー平均は4.2。
甘いドリンクが好きな女性が多く購入している印象でした。

☆☆☆☆☆
甘いミルクの香りが気分和む感じ、ふわふわのミルクは味的には液体のクリープといった感じ・・・。淡い甘味が程よくて、甘いの苦手な人でもokそうです。洋菓子にピッタシといったところでしょうか。美味しかったです。

☆☆☆☆☆
寒くなったので購入してみました。 少し甘目かもしれませんが、私にはホッとできてちょうどいい感じ。 コーヒーとは違ったテイストを楽しみたいときにもお勧めです。

☆☆☆☆★
凄く、美味しい。 出来れば、もう少し、甘さ控えめだったら、最高です^o^

☆☆☆★★
ラテマキアートのように甘さは自分で砂糖を入れて調節できる物だと思ってましたが・・・ 初めから甘みがついてるので甘過ぎが苦手だとちょっと・・・ だけど香りもクリーミーさもコクも文句なし!!

ティーラテでは「甘すぎる」と言う意見と「甘いのがおいしい」という意見に分かれ、気に入った人は高確立でリピートしているようです。

特に女性のリピーターが多いようで、1分もかからず手軽にふわふわミルクフォームのミルクティーが飲めるというのは魅力なのだと思います。

一杯あたりの金額は高めですが、リッチな雰囲気があるのでお客さんが来た時用のカプセルとして買い置きしておくのもいいかもしれません。

ティーラテ

このティーラテもドルチェグストのカプセル定期便で購入することができます。

カプセル定期便では常に通常価格の10%OFFで購入可能。

これからドルチェグストを始める人にはなんと無料で最新のマシンがもらえるという超お得サービスです!

⇒ドルチェグストカプセル定期便の詳細はこちら

ドルチェグストの一番お得な購入方法

ドルチェグストのコーヒーはコクが強すぎて飲み辛いあなたに!まろやかマイルドブレンドならすっきり飲める!

ドルチェグストにはミルクを混ぜない、エスプレッソでもない普通のブラックコーヒー「レギュラーコーヒー」が5種類(+アイスコーヒー)あります。

  • レギュラーブレンド(ルンゴ)
  • モーニングブレンド(グランデアロマ)
  • マイルドブレンド(ルンゴマイルド)
  • ローストブレンド(ルンゴ・インテソ)
  • レギュラーブレンドカフェインレス

の5種類です。

普通のブラックコーヒーといってもただのドリップコーヒーとはすこし違い、ドルチェグストは気圧をかけて抽出するので、エスプレッソのようなクレマ(泡)乗ったコクの強いコーヒーになります。

いわゆる一番普通のブラックコーヒー的位置づけであるレギュラーブレンド(ルンゴ)も、香り高くコクのある味わい。

それでいてしつこくない多くの人が好みそうな味に調整されています。

それでも
「エスプレッソ式の気圧をかけたコーヒーはちょっと濃すぎる」
と感じる人には、マイルドブレンド(ルンゴマイルド)がおすすめです。

マイルドブレンド(ルンゴマイルド)の基本情報

ドルチェグストマイルドブレンド(ルンゴマイルド)

  • 内容量:16杯分(16P) 924円 定期便だと831円
  • 一杯あたりの分量:220ml
  • 一杯あたりの金額:約57円 定期便だと約51円
  • 原材料:コーヒー豆
  • 個人的なおすすめ度:☆☆☆☆★

僕がマイルドブレンドを飲んだときの感想は

「あ、なるほどたしかにマイルド」でした(そのまま笑)

レギュラーブレンドの苦さがマイルドになって、飲みやすくなっています。

でもドルチェグストのいいところはつぶされずに香りは結構ちゃんと残っています。

苦みが抑えられた分、すこし酸味を感じる味わい。

ガツンとしたコーヒーよりもまろやかですっきりした味が好きな人におすすめです。

僕は普段レギュラーブレンドの箱を買っていますが、使い分けるのであれば仕事中や食後はしっかりとした苦みのレギュラーブレンド(ルンゴ)。

休憩でゆっくり味を楽しむコーヒーブレイクはマイルドブレンドにすると思います。
(定期便を使っているのでやろうと思えば簡単にできるのですが)

ドルチェグスト公式サイトのレビュー

マイルドブレンド、何よりまろやかで、優しい香りが好きですね。 (きっさんさん)

濃い~コーヒーが苦手なので、香りはいいけどスッキリマイルドなマイルドブレンドがすきです。 (ゆいみゆママさん)

気分によってミルクをプラスしてカフェラテ風にしたり、そのままブラックでいただいたりと変化をつけられるのも魅力の一つです。 (サリーさん)

あま~いケーキにはマイルドブレンドコーヒーが最高 (tomoさん)

アマゾンのレビュー

アマゾンの評価平均は星4.4。
これもほとんどの人が星5つを付けている高評価カプセルです。

☆☆☆☆☆
おいしい!
味は申し分なくいいです!
ただ、今購入するならAmazonから購入するより、ネスレのサイトから定期購入するとお得だと思います。 定期購入に限り12月まで消費税5パーセント価格据置で購入可能です。 マシンを持っている方で機種登録されてない方は、たしか3月末までに機種登録すると1000円分のポイントももらえるはずです。

☆☆☆☆☆
レギュラーとマイルドを比べた結果、我が家ではマイルドに軍配。
ミルクたっぷり派にはマイルドの方が合いますね。特に朝食時にはGOODです。毎朝いただいています。
ドルチェグストは本体を買うまでに結構時間がかかった(買うかどうか迷った)のですが、今では『いい買い物したね〜』と言っています。

☆☆☆☆★
毎日、夫婦で朝食の時飲んでいます。
今まで豆から挽いて飲んでいましたがとても手軽で 美味しいコーヒですね。 難言えば香りがもう少し欲しいですね。

レビューでも商品名のとおりマイルド、飲みやすいという声が多かったです。

酸味が強めなのが好き、あるいは嫌いという声もあるのでここは好みでしょう。

ルンゴマイルド

そういえば最近話題の「サードウェーブ」コーヒーも酸味を感じる味わいですよね。
僕が青山のブルーボトルコーヒーで飲んだときも「酸味が強いな」と感じました。

もちろんサードウェーブの場合は希少な豆であるスペシャリティーコーヒーですし、ドリップとエスプレッソ式ということで味わいもだいぶ異なりますが。。

マイルドなコーヒーが好きな人、レギュラーブレンド(ルンゴ)ではちょっとパンチが強すぎるなと感じた人はぜひ一度マイルドブレンドを試してみてください!

これからドルチェグストを始める人には定期便がおすすめ!

これからドルチェグストを使ってみたい!という人は、ドルチェグストのマシンが無料でもらえる「カプセル定期お届け便」というキャンペーンがおすすめです。

家電量販店で購入すると1万円前後するドルチェグストの最新マシン、ジェニオ2プレミアムとドロップが、カプセル定期便を使うと無料でプレゼントされます!

最初に必要な費用はカプセル6箱分の料金だけ。

▼マシンが無料のドルチェグスト定期便詳しくはこちら▼

断然お得なキャンペーン。ヤマダ電機なんかで買うのはもったいないですよ!

忙しい朝、手軽にすっきりしたコーヒーが飲みたいなら!朝専用ドルチェグスト、モーニングブレンド(グランデ)カプセルのレビュー

今回は朝に飲みたい!? モーニングブレンドのカプセルレビューです。

ドルチェグストはエスプレッソのように気圧をかけて抽出するのでレギュラーコーヒーでも結構強めのコクと香りが楽しめます。

その分、レギュラーブレンド(ルンゴ)では朝飲むにはちょっと味が濃すぎるかなーと思う時があるんですね。

ちょっと胃に負担がかかりそうというか。。

そんな人に試してほしいのがモーニングブレンド(グランデ)。

レギュラーブレンドより薄めのいわばアメリカンなやさしい味わい。
エスプレッソ式の抽出なのでアメリカーノといったところでしょうか。

一杯の分量もレギュラーブレンドのルンゴより多いグランデサイズ。
小さめのマグカップで入れるとちょうどいいぐらいの量です。

モーニングブレンド(グランデ)の基本情報

モーニングブレンド(グランデ)

  • 内容量:16杯分(16P) 924円 定期便だと831円
  • 一杯あたりの分量:220ml
  • 一杯あたりの金額:約57円 定期便だと約51円
  • 原材料:コーヒー豆
  • 個人的なおすすめ度:☆☆☆☆☆

ドルチェグスト公式サイトのレビュー

定番でした!お気に入りは、モーニング ブレンドです☆朝がゆっくりスタートします
(りかえんさん)

朝の目覚めは、モーニング ブレンドが最高!
(クーチャンさん)

モーニング ブレンドに温めた牛乳を入れると、私好みのカフェラテが出来上がります。
(ゆみんこさん)

シナモントーストと一緒に。大好きな朝食メニューです。
(きゃらこさん)

ドルチェグストでレギュラーコーヒーを飲む人は、結構レギュラーブレンド(ルンゴ)派とモーニングブレンド(グランデ)派のどっちかに分かれます。

僕は普段はレギュラーブレンド派。
たまに気分を変えてモーニングブレンドの箱を注文することもあります。

アマゾンのレビュー

アマゾンの評価平均は星4.4。
星3つ以上の人が9割を超えおり、星5つを付けているひとが最も多くなっています。

ドルチェグストで一番売れ筋のレギュラーコーヒー(ルンゴ)よりもこっちが好きという人も多く、量が飲みたい人にも評判のようです。

☆☆☆☆☆
ルンゴはちょっと少ない。よってモーニングブレンド。
以前ルンゴを飲んでましたがなにぶん量が少ないので、モーニングブレンドを買ってみました。自分はやっぱりマグカップ一杯がちょうどいいな。味はルンゴのほうが好みですがこっちも美味しいです。

☆☆☆☆☆
こちらのコーヒーを毎朝サーモスの水筒に入れて会社へ持って行きます。
変な癖がなく非常に飲みやすいコーヒーですねー。
余談ですが、私はドルチェグストのジェニオ2を使っていますが、これに合う水筒を探すのに凄く苦労しました。
何㎝までの水筒がセット出来ます的な情報がどこにもなかったのでねー笑
今使っている水筒はサーモスのJNO-250です。
高さや容量的に、これがベストかと思います!

☆☆☆☆★
評判が良かったので機器とも購入しましたがどのカプセルも味はそこそこです。
これは好みとしか言いようが有りませんが、サイフォンでドリップしている人や
ペーパーフィルターで飲んでいる人にはかなり評価が分かれる商品だと
思いました。
お手軽なので缶コーヒーを飲む手軽さの延長で毎日飲んでいますが
朝食時の味を楽しみたいときには今までどおりドリップしてのんでします。

「モーニングブレンド」という名前もあって、僕も朝食といっしょによく飲んでいます。

だいたい朝はモーニングブレンドかカプチーノですね。

今はオートストップ付きのジェニオ2プレミアムを使っているので大丈夫ですが、以前マニュアルのピッコロを使っていたときは朝ぼーっとしているのと、量が多くて抽出時間がやや長いのでレバーを戻すのを忘れてお湯を入れすぎてしまうことがよくありました。

レビューを見ていると、一杯の量が多めにいれられるので、朝モーニングブレンドを入れて水筒に入れて持って出ている人もいるようです。

コンビニでコーヒーを買うと安くても100円はするので毎日モーニングブレンドを入れて出かけたらかなり節約になりそうです!

ドルチェグストはエスプレッソ式の抽出方法なのでグランデサイズでも香りとコクはしっかり目。深炒りの豆で出したコーヒーが好きな方にはぴったりです!

モーニングブレンドにはマシンが無料の定期お届け便がおすすめ!

これからドルチェグストのマシンを購入するなら、マシン代が無料になるカプセル定期お届け便がおすすめです。

もちろんモーニングブレンドも定期便の購入対象メニュー。というか全種類のカプセルが定期便で購入できます。

▼マシン代が無料のドルチェグスト定期便詳細はこちら▼

モーニングブレンドを毎日飲むならぜひ利用したサービスです!