【コーヒーメーカー比較】タイガーACE-S080とドルチェグストどっちが買いか比較してみた

コーヒーメーカーがほしいけどタイガー魔法瓶のACE-S080と、話題のネスカフェドルチェグストどっちが良いかお悩みですか?

価格帯が近く、価格.comで人気の両機種ですが、今コーヒーマシンを買うならドルチェグストがおすすめです!

タイガーACE-S080

そもそもタイガーACE-S080はドリップコーヒードルチェグストはエスプレッソタイプのコーヒーマシン(ドリップコーヒーに近い濃さのレギュラーブレンドも作れます)なのでコーヒーの好みによっても異なります。


タイガー魔法瓶のコーヒーメーカーの評判は?

タイガー魔法瓶は名前の通り、中に入れた飲み物の温度を保つ魔法瓶の会社。

o0420013011511117502_2

コーヒーメーカーにも力を入れているようで、1〜4杯分から最大8杯分まで5タイプの幅広いラインアップを揃えています。

タイガーのコーヒーメーカーの特徴は、冷めやすいガラスポットではなく魔法瓶を採用している点。魔法瓶ポットは半日ほど保温が効くので、朝と昼の2回作れば一日中コーヒーを楽しむ事ができます。

今回紹介するACE-S080は挽いた粉を使ってコーヒーを淹れるマシン。
最大8杯までコーヒーを作ることのできる、ACE-M080の後継機です

ドリップコーヒーは「マイコン深蒸しドリップ」のあとまんべんなくお湯を注ぐ「シャワードリップ」で、蒸らし工程で引き出した旨みをしっかり抽出します。

タイガー魔法瓶ACE-S080シャワードリップ

また、コーヒーの濃さは好み似合わせてマイルドとストロングから選ぶことができます。

旧型機からの進化はアイスコーヒーも抽出できるようになった点。
冬も夏も活躍する一台になりました。

タイガー魔法瓶ACE-S080アイスコーヒー

ACE-S080の一番の特徴は、やはり魔法瓶機能でしょう。

落としたコーヒーが通常のガラスの器ではなく魔法瓶に溜まります。

魔法瓶の保温性能が高いのでコーヒーの温度が下がらず、一般的なコーヒーメーカーと異なりコーヒーが煮詰まってしまうことがありません。

タイガー魔法瓶ACE-S080ケトル

機能が豊富で評判は高く、価格.comの口コミでも☆4つを獲得。

1万円前後とコーヒーメーカーの中では安くはない価格ですが結構売れてるみたいです。

デメリットとしてはコーヒーを淹れるときにゴーっと大きい音がするようです。

タイガーACE-S080とドルチェグストの比較

ではACE-S080とドルチェグストどっちがいいのでしょうか?

ドルチェグストは今一番人気のマシン、ジェニオ2プレミアムで比較していこうと思います。

コーヒーの味の違い

先述した通り、ACE-S080はドリップコーヒー、ドルチェグストは最大15気圧のポンプで抽出するエスプレッソタイプのコーヒーメーカーなのでACE-S080とは抽出方法が異なります。

あっさりとしたドリップタイプのコーヒーが好きな人はACE-S080が合っているかもしれません。

パソコンとコーヒータイム

 

一方ドルチェグストはカプセル式のコーヒーマシン。
ブラックのコーヒーだけでアイスを含め5種類のカプセルから選ぶ事ができます。

定番の「レギュラーブレンド」の他に、濃いめの深煎り「ローストブレンド」、まろやかな「マイルドブレンド」、コクのある「エスプレッソインテンソ」、そして「アイスコーヒーブレンド」があります。

ドルチェグストのコーヒーラインアップ

さらにそれぞれのカプセルでお湯の料も自分で調整できるので自分好みの味わいを見つけられるはずです。

濃い目のエスプレッソだけでなくドリップコーヒーのような軽い味わいのレギュラーコーヒーにすることも可能。

 

ACE-S080よりもドルチェグストが勝っている点として、コーヒ以外のドリンクも淹れられることが挙げられます。

15種類以上の専用カプセルが用意されており、ティーラテやチョコチーノ、抹茶ラテなんかも作る事ができます。

ドルチェグストのカプセル

お子様がいる家庭では大人から子どもまで楽しめるはずです。

またドルチェグストのカプセルはセブンイレブンなどのコンビニでも置いてて入手が簡単なのがいいですね。

利便性

ACE-S080は最大8杯のコーヒーを抽出する事ができ、さらにそれがタイガーの魔法瓶の中で保温されます。

家族数人で一日に数杯のコーヒーを飲む人には便利でしょう。

ACE-S080の弱点は作るのも片付けるのもやや手間がかかること。

もちろんハンドドリップのコーヒーに比べれば簡単ですが、フィルターをセットして挽いた豆を入れたり、片付け時には使用済みフィルターを捨てて各パーツとポットを洗う等結構時間がかかります。

 

その点、コーヒー(ドリンク)を作る手軽さではドルチェグストが圧勝です。

ドルチェグストのカプセルを入れる

作る際はカプセルは蓋をしたままホルダーにセットして、抽出ボタンを押すだけ。

片付けはカプセルを捨ててホルダーを軽くすすぐだけです。

粉はカプセルの中に詰まったままなので周りが汚れる事がありません。
手軽に美味しいドリンクが飲めるのはカプセル式コーヒーメーカーの最大の利点ですね。

ドルチェグストのお手入れと後片付け

コスト

ランニングコストに関しては、市販のコーヒー粉を使用するのでACE-S080の方が安くなります。

マシン代自体が1万円近くしますが、コーヒー一杯あたりの金額は30〜50円程度でしょう。

uccオリジナルブレンド

選ぶ豆(粉)によってもっと安くなるかもしれません。

 

ドルチェグストのブラックコーヒーのランニングコストは一杯あたり56円です。

レギュラーブレンドルンゴ

カプチーノやラテなどミルク系のメニューは、ミルクカプセルも使用するので倍の約120円となります。

コストは少し高くつきますが、一杯ずつ様々なメニューを淹れて・できたての美味しさを楽しめることと、簡単に作れる手軽さを考えると妥当でしょう。

ドルチェグストのマシンがもらえる定期便

注目すべきはドルチェグストのマシンの費用です。

人気のジェニオ2プレミアムの場合、マシン本体は定価で14,000円以上しますが、これを無料で手に入れる方法があるんです。

ドルチェグストのマシンが無料で手に入るカプセル定期便

ドルチェグストの購入を検討中なら、家電量販店なんかで買うよりもお得に手に入れる方法があります。

それはネスカフェのドルチェグストカプセルらくらく定期お届け便

ドルチェグストのカプセルの種類

ドルチェグストのカプセルを、2か月に一度、6箱以上購入することで、定価14,000円以上するドルチェグストのコーヒーメーカー本体が

なんと無料でもらえるんです!!

カプセルは1箱16個入りなので、6箱は96カプセル。

レギュラーコーヒーなら96杯分。カプチーノなどミルクメニューなら48杯分です。

2か月で96杯なので、一日1~2杯ほどコーヒーを飲む方(ご家族)であれば、カプセルらくらく定期お届け便がお得ということですね。

ドルチェグストを普通に購入する場合と、カプセル定期便を利用する場合を表にまとめてみました。

通常購入 カプセル定期お届け便
定価:14,086円
Amazon価格:9,298円
ジェニオ2プレミアム
ジェニオ2プレミアム
マシン本体の金額
0円
無料プレゼント
通常価格:5,544円 カプセル6箱の金額
(レギュラーコーヒー96杯分)
定期便特価:4,986円
(10%OFF)
入会時のおまけ カプセル定期便入会のおまけ
1年間
(マシン登録すると2年間)
マシン本体保証 最長5年間

カプセル定期便はカプセルの金額だけでマシンが手に入ります。
こうして見ると、定期便がいかにお得かがわかりますね!

申し込み方法は下記のネスカフェキャンペーンページに入り、マシンの色を選択してお届け先の情報を登録するだけです!

▼マシンが無料のドルチェグストカプセル定期便 詳細はこちら▼

「家庭用コーヒーメーカーといえばデロンギ」の時代は終わった!?今最も売れているコーヒーマシンはこれ!

デロンギのコーヒーメーカーを購入しようとしていますか?

ドリップコーヒーもエスプレッソも、家で本格的なコーヒーを淹れられるマシンと言えばデロンギ

コーヒーメーカーデロンギ

エスプレッソの本場イタリアで生まれ、シンプルでリーズナブルなマニュアル式マシンから豆を投入するだけで最適な挽き具合で抽出してくれる全自動マシンまで幅広いラインアップでコーヒーメーカー業界をリードしてきました。

デロンギエスプレッソマシンECO310R

でも近年、デロンギよりもずっと売れているコーヒー(エスプレッソ)メーカーがあるんです。

それはネスカフェのドルチェグスト

logoドルチェグスト

スイスのネスレが製造・販売する「カプセル式」という新しい仕組みを使った、世界で累計3,000万台が売れているコーヒーメーカーです。

私も以前はデロンギのコーヒーマシンを使っていました。

長らく家庭用コーヒーメーカーを牽引してきただけあって、デロンギのコーヒーマシンはすばらしいです。

私も自宅でマニュアル式のエスプレッソマシンを使っていました。

EC200Nという今では旧機種になります。

デロンギエスプレッソマシン

当時カフェのスタッフをしていたので家でも本格的なコーヒーが飲みたいと思い、多数のメーカーを比較した結果、信頼性と使いやすさ、そして価格の安さでデロンギにしました。

そのマシンは粉とカフェポッドの2種類からエスプレッソを淹れることができ、スチーマーでミルクを温めることもできました。

自分の技術であれこれ操作できるのは楽しかったのですが、作るときも片付けるときもとにかく手間がかかるのが弱点で、コーヒーを一杯入れて片付けるのに5分〜8分くらいかかっていたと思います。

たしかタンクに入れた水を予熱するだけで1、2分かかっていました。

 

もう少し手軽に短時間で淹れられるマシンはないかなぁと思っていたときに出会ったのがドルチェグストのピッコロというマシンでした。

▼ドルチェグストの旧機種ピッコロ

旧機種ピッコロ

カプセル式マシンのドルチェグストはコーヒーメーカーの革命だった

当時は手軽にエスプレッソを淹れようと思ったらカフェポッドという物を使うのが主流でした。

カフェポッドは挽いた豆を紙フィルターに閉じ込めたもので、豆や粉を使うよりも手軽にエスプレッソを楽しむことができます。

カフェポッド

弱点は紙フィルターに包まれているため一度開封したカフェポッドの袋(缶)は酸化が進んでしまうこと。

それと淹れたあとのマシン(ホルダー)の洗浄の手間がかかることでした。

 

そこに登場したのがドルチェグストやネスプレッソンに代表されるカプセル式のコーヒーマシン

ドルチェグストのカプセル

カプセルは一個ずつ粉を密封しているので酸化する事がなく、一杯ずつ常に挽きたての鮮度の高い豆でコーヒーを淹れる事ができます。

ドルチェグストのカプセルの構造

そしてカプセルの中にフィルター機能まで閉じ込めてあるので、カフェポッドよりも洗浄が格段に楽になったのです。

ネスカフェドルチェグストお手入れも簡単

マシンも湯を沸騰させる待機時間が短くなり、デロンギなどのカフェポッドのマシンは予熱に1〜3分かかっていたのに対して、ドルチェグストは30秒で予熱完了、1分程度でコーヒーが抽出できるようになりました。

カフェポッドよりも手軽に作れて、より美味しい。カプセル式コーヒーメーカーが登場したとき、まさに家庭用マシンの革命だと思いました。

デロンギよりもドルチェグストが向いているのはこんな人

デロンギはマシンのラインアップが多く、エスプレッソ、ドリップコーヒー、そして家庭用からプロユース(業務用)と種類も価格帯も様々です。

ここでは家庭での使用において、デロンギのエスプレッソマシン・ドリップマシンよりも、ドルチェグストの方が向いているケースを挙げてみます。

  • 朝の時間が無いときにコーヒーを飲みたい
  • 準備も片付けもできるだけ簡単な方が良い
  • カプチーノなどのミルク系ドリンクも手軽に作りたい
  • 家族みんなで同時に飲むよりも一人ずつ個別に飲むことが多い
  • コーヒー以外にも様々なドリンクメニューを楽しみたい

デロンギとの比較なので主にコーヒーの事を述べて来ましたが、コーヒー以外にもチョコチーノや宇治抹茶ラテなど様々なドリンクを作れるのもドルチェグストの特徴です。

大人から子どもまでこれ一台で家族全員が楽しめます。

ドルチェグストのマシンが無料で手に入る、カプセル定期便の利用がお得!

これからドルチェグストのマシンを購入する方は、家電量販店などで買うよりもお得に手に入れる方法があります。

それはネスカフェのドルチェグストカプセルらくらく定期お届け便

ドルチェグストのカプセルの種類

ドルチェグストのカプセルを、2か月に一度、6箱以上購入することを条件に、定価14,000円以上するドルチェグストのコーヒーメーカー本体が

なんと無料でもらえるんです!!

カプセルは1箱16個入りなので、6箱は96カプセル。
レギュラーコーヒーなら96杯分。カプチーノなどミルクメニューなら48杯分です。

2か月で96杯なので、一日1~2杯ほどコーヒーを飲む方(ご家族)であれば、カプセルらくらく定期お届け便がお得ということですね。

 

ドルチェグストを普通に購入する場合と、カプセル定期便を利用する場合を表にまとめてみました。

通常購入 カプセル定期お届け便
定価:14,086円
Amazon価格:9,298円
ジェニオ2プレミアム
ジェニオ2プレミアム
マシン本体の金額
0円
無料プレゼント
通常価格:5,544円 カプセル6箱の金額
(レギュラーコーヒー96杯分)
定期便特価:4,986円
(10%OFF)
入会時のおまけ カプセル定期便入会のおまけ
1年間
(マシン登録すると2年間)
マシン本体保証 最長5年間

カプセル定期便はカプセルの金額だけでマシンが手に入ります。
※ただし定期購入で累計60箱以上購入せずに解約すると、マシン代がかかるので注意。
こうして見ると、定期便がいかにお得かがわかりますね!

申し込み方法は下記のネスカフェキャンペーンページに入り、マシンの色を選択してお届け先の情報を登録するだけです。

支払い方法はクレジットカードにのみ対応しているのでお手元にカードを用意してください。

▼マシンが無料のドルチェグストカプセル定期便 詳細はこちら▼

業務用マシンにも引けを取らないって本当!?家庭用コーヒーメーカーのドルチェグストが飲食店でも活躍中!

いくら美味しいと言われてるからって、家庭用コーヒーメーカーが飲食店なんかに置いてることなんてないでしょう。

友人から「最近ドルチェグストを店に置いてるところあるよねと言われて、いやいやそれはたぶんネスプレッソとかデロンギの業務用マシンと見間違えてるんじゃないの?と思っていました。


今日心斎橋アメリカ村の某有名ローストビーフ丼のお店に行ったら置いてました。

「話題のドルチェグストで淹れる食後のコーヒー100円」

安っ!!

いや、ドルチェグストのレギュラーコーヒーはカプセル1個60円以下なので別に安くはないのですが、飲食店で出されるコーヒーが100円って安いですよね。

コーヒーがメインじゃないお店でドルチェグストが活躍している

当ブログではドルチェグストの美味しさとコストパフォーマンスの高さを皆さんにお伝えしてきていますが、

そりゃコーヒー専門の喫茶店でマスターが淹れるコーヒーの方が、味で言うとやっぱり美味しいでしょう。

 

でもコーヒーを売りにしていない店だったらどうか。

パソコンとコーヒータイム

ドルチェグストは何の専門知識も必要とせず、ほとんど人の手をかけずに、短時間でおいしいコーヒーが提供できます。

 

元々コーヒーで勝負していない店であれば、「おまけのコーヒー」としてはドルチェグストは最適なのかもしれません。

 

私が行ったローストビーフ丼屋のメインは言うまでもなくローストビーフ丼。

「食後にコーヒーが一口ほしい」という客が結構いるのでしょう。

でもコーヒーなんかに手間隙かけてられない。

 

だったら手間も時間もお金もほとんどかからないけど割と美味しいカプセル式コーヒーマシンのドルチェグストがいいじゃないかということですよね。

 

ドルチェグストの強みは

  • 安くて(一杯50円ちょっと)
  • 手軽で(簡単操作で淹れるのにたった1分。片付けも10秒)
  • 美味しい(技術を必要とせず”家庭用マシンの中では”トップクラスかと)

です。

究極に美味しい一杯ではないものの、この3つがバランスよく備わってるのがドルチェグストなんです。

ドルチェグストを家庭で導入するならカプセル定期便

そんなお店でも人気が高まっているドルチェグスト。

家庭で購入を検討中なら、家電量販店なんかで買うよりもお得に手に入れる方法があります。

それはネスカフェのドルチェグストカプセルらくらく定期お届け便

ドルチェグストのカプセルの種類

ドルチェグストのカプセルを、2か月に一度、6箱以上購入することで、定価14,000円以上するドルチェグストのコーヒーメーカー本体が

なんと無料でもらえるんです!!

カプセルは1箱16個入りなので、6箱は96カプセル。

レギュラーコーヒーなら96杯分。カプチーノなどミルクメニューなら48杯分です。

2か月で96杯なので、一日1~2杯ほどコーヒーを飲む方(ご家族)であれば、カプセルらくらく定期お届け便がお得ということですね。

ドルチェグストを普通に購入する場合と、カプセル定期便を利用する場合を表にまとめてみました。

通常購入 カプセル定期お届け便
定価:14,086円
Amazon価格:9,298円
ジェニオ2プレミアム
ジェニオ2プレミアム
マシン本体の金額
0円
無料プレゼント
通常価格:5,544円 カプセル6箱の金額
(レギュラーコーヒー96杯分)
定期便特価:4,986円
(10%OFF)
入会時のおまけ カプセル定期便入会のおまけ
1年間
(マシン登録すると2年間)
マシン本体保証 最長5年間

カプセル定期便はカプセルの金額だけでマシンが手に入ります。
こうして見ると、定期便がいかにお得かがわかりますね!

 

申し込み方法は下記のネスカフェキャンペーンページに入り、マシンの色を選択してお届け先の情報を登録するだけです!


業務用にも使われている美味しいコーヒーメーカーで楽しいコーヒータイムをどうぞ!

忙しい朝に便利なコーヒーメーカーがほしい!時間がないときでも手軽に淹れられて美味しいドルチェグスト!

パソコンとコーヒータイム
とにかく時間がない朝。

顔を洗って、着替えて、髪を整えて、女性の方はお化粧もしなければなりません。

モーニングコーヒー片手に新聞を読むなんて姿に憧れますが、なかなかそうもいかない現実。
でも忙しくても美味しいコーヒーが飲みたい!
インスタントで妥協したくない!

そんなあなたの願いを叶えてくれるコーヒーマシンを探してみました。

朝に使えるコーヒーマシン3つ条件

 

  • 起動から抽出までが早い
  • 後片付けが簡単
  • なるべく美味しいコーヒーが淹れられる

 

朝の時間を有効活用するためにはすぐに淹れられてさっと片付けられるマシンが適しています。

味はやはり豆を挽いてハンドドリップやサイフォンで淹れるのが一番美味しいのですが、そんな時間はなかなかとれませんよね。

ここはお湯と豆をセットして自動で淹れてくれるコーヒーマシンが適しています。

朝に飲むならドルチェグストが早くて手間要らず

コーヒーマシンといってもインスタントを抽出するだけの手軽な物から焙煎した豆をセットする本格仕様の物まで様々な種類があります。

その中で朝使うのに最も向いているのはネスカフェのドルチェグスト
ドルチェグスト
背面のタンクに水をセットした後、専用のカプセルをセットしてボタンを押すだけ。

たった30秒でクレマ(泡)が浮いた本格ドリップコーヒーが抽出されます。

味はインスタントコーヒーとは全然違い、ハンドドリップのコーヒーと飲み比べても遜色ありません。

カプセルはコーヒーだけじゃなくエスプレッソやカプチーノも選べるので日によって気分を変えたり家族で使い分けることも可能です。

さらに後片付けもとても簡単。
カプセルを捨ててホルダーをすすぐだけ。

これまたたった20秒ほどで片付け完了です。
ドルチェグストのお手入れと後片付け
カプセルは通常16個入りで924円(税込)なのですが、ネスカフェ公式の「定期便」を利用すると10%OFFで購入可能

しかも
「定期便」を使うと通常一万円ほどするマシンを無料でもらえるんです!

美味しくてコスパも高いドルチェグスト。
コーヒーとともに一日のスタートを切りましょう!