カプセル式コーヒーメーカーはなぜ美味しいコーヒーが作れるの?ドルチェグストは挽きたて豆を一杯ずつ豆を密封しているから!

最近話題のネスカフェドルチェグストやネスプレソをはじめとしたカプセル式コーヒーメーカー。

ミニミー、ジェニオ2プレミアム、ドロップの比較

カプセル式コーヒーメーカーの特徴は

  • 挽きたての豆が詰まったカプセルで一杯ずつ入れるので美味しいこと
  • カプセルを使用するので入れるのも片付けも手間がかからないこと

この2点です。

一杯あたりの費用は自分でひいた豆をフィルターにセットして落とすハンドドリップや、インスタントコーヒーよりも少し高くなります。

味はインスタントとは全く異なる

インスタントコーヒー(ソリュブルコーヒーとも呼ばれる)は既に抽出した液体のコーヒーを粉末化したものです。

インスタントのネスカフェゴールドブレンド

お湯を入れると粉が溶けて、手軽にコーヒーが作れます。

ただその加工過程でコーヒーのもつ香りやコクなどの重要な要素が損なわれやすいのが難点。

近年インスタントも改良が進んではいますが、どうしてもインスタントっぽい味からは脱却できていません。

よくドルチェグストと混同される「ネスカフェドルチェグストバリスタ」はインスタントコーヒーに気圧をかけて抽出するタイプのマシンです。

ドルチェグストやネスプレッソはカプセルの中に豆が詰まっている

カプセル式のコーヒーメーカーはインスタントとは異なり、豆を使うレギュラーコーヒー。

炒りたて・挽きたての豆をカプセルに一杯分だけ密封保存しています。

カプセル内には豆だけでなくフィルターも備わっており、マシンを使って上からお湯を注ぐことでコーヒーが抽出されます。

一杯ずつがパックになっていて直接マグカップにセットしてドリップする「ドリップバック」を進化させたようなものです。

ドルチェグストのカプセルの構造

カプセルの構造はこんな感じ。
下の方にフィルターが入っているのがわかるでしょうか?

マシンにセットするとふたの部分に針で穴を開けてそこからお湯を注ぎ、下の穴からコーヒーが出てくる仕組みです。

ドルチェグストやネスプレッソはさらに気圧をかけて抽出している

「じゃあドリップバッグで十分じゃないの?」ということになりますが、実はネスカフェドルチェグストやネスプレッソは単にお湯で落としているわけではなく、マシンによって気圧をかけてコーヒーを抽出します。

最大15気圧で抽出するコーヒー、つまりエスプレッソの作り方をあの小さなマシンで実現しているのがドルチェグストやネスプレッソなんです。

エスプレッソは小さなデミタスカップで飲む濃いコーヒーのイメージがあるかもしれませんが、レギュラーコーヒー用の豆を使い、多めの湯量で抽出すると普段のむドリップコーヒーに近い飲み方ができます。

ドルチェグストの厚いクレマ

エスプレッソの抽出方法を使っているため、コーヒーの表面にクレマという泡ができます。

このクレマが美味しいコーヒー(特にエスプレッソでは)の証とされており、きめ細かく長持ちするクレマが良質と言われています。

ネスカフェドルチェグストもネスプレッソもクレマの質がとても高く、しかも安定して同じクオリティのコーヒーが出せるのが魅力。

実は僕自身カフェで働いていたのでエスプレッソをマニュアルのマシンで作ることもできるのですが、カプセル式コーヒーメーカーでできる程の厚いクレマを作ろうと思うと結構な技術が必要です。

まとめ

以上のとおり、

  • メーカーが厳選した炒りたて・挽きたての豆で淹れる
  • マシンによって気圧をかけてコーヒーを抽出する

この2点がカプセル式コーヒーメーカーのコーヒーの味を美味しくしている理由です。

ちなみに、2つ目の気圧に関してはエスプレッソ式のマシンに限られます。

キューリグやUCCドリップポッドはドリップ式を採用しており気圧をかけて抽出しません。

おまけ・・・コーヒー以外のドリンクが作れる

コーヒーの美味しさとは関係ありませんが、気圧をかけてドリンクを抽出するのでコーヒー以外にもいろいろなバリエーションドリンクが作れるのもカプセル式コーヒーマシンの強みです。

例えばドルチェグストならカプチーノやチョコチーノ(ココア)、抹茶ラテなど14種類以上のドリンクを作ることができます。

ドルチェグストのカプセルの種類

ドルチェグストならマシンが無料でもらえるキャンペーンも!

カプセル式コーヒーメーカーの中でも人気が高いのがネスカフェドルチェグスト。

ドルチェグストのマシンは通常一万円前後するのですが、実はネスレ公式のキャンペーンで無料で手に入れることも可能なんです。

それが「カプセル定期お届け便」。

2か月に一度、6箱以上のカプセルを定期購入する事で、初回購入時にジェニオ2プレミアムかドロップのドルチェグスト最新マシンが無料でプレゼントされるというもの。

▼マシンが無料の定期便詳細はこちら!▼

ネスレもこれほど本気でおすすめするコーヒーメーカー。

マシン購入を検討中の方は是非一度チェックしてみてください!

ドルチェグストのマシン本体でよく聞くミニミーってどんな機種?手頃な値段で購入できるエントリーモデル!

たくさんあってどれがいいのか選び辛いドルチェグストのラインアップ。

2016年5月現在の一番の売れ筋はロングセラーのジェニオ2プレミアムと最新機種ドロップなのですが、その影で密かに売れているのが「ミニミー」です。

ドルチェグスト ミニミー

発売が2013年9月と古く、最近はあまり話題に上がらなくなってしまいましたが、世界3大デザイン賞のうち2つを受賞している可愛くかつスタイリッシュなボディが特徴。

また家電量販店でジェニオ2プレミアムやドロップが1万円前後するのに対して旧型のミニミーは6,000円〜7,000円くらいのリーズナブルな金額でかえるのも人気の理由でしょう。

ミニミーの使い方

ドルチェグストはどれも簡単な操作でコーヒーを抽出できるようになっています。

ミニミーの使い方

  1. タンクに水を入れて電源ON
  2. カプセルホルダーにカプセルをセット
  3. レバーを上下に動かして湯量を調節
  4. レバーを右(左)に倒してお湯(水)で抽出開始
  5. 抽出後はカプセルを捨ててホルダーを軽くすすぐだけ

ほとんど現行のメインラインアップのジェニオ2プレミアムと同じ操作ですね。

ミニミーは旧型ながら、設定した湯量で自動的に抽出が止まる「オートストップ機能」が付いています。

自分の好みの湯量を見つければ毎回同じ味で抽出することができるのがメリットです。

ジェニオ2プレミアムとの違い

ドロップはしずく型の特徴的なデザインと上部のタッチバネルが特徴なのでミニミーとは大きく異なります。

▼左からミニミー、ジェニオ2プレミアム、ドロップ

ミニミー、ジェニオ2プレミアム、ドロップの比較

今回はよく比較対象に挙げられるジェニオ2プレミアムとの違いを紹介しましょう。

まずわかりやすい違いはタンクの容量

ミニミーは800mlなのに対してジェニオ2プレミアムは1L。
たくさん飲む方で給水がちょっとでも少ないほうがいい人はジェニオ2プレミアムの方がいいでしょう。

そして触ってみないと解りにくい部分ですがスイッチ系の操作感が異なります。

ジェニオ2プレミアムは最近のマシンらしく、スイッチを軽く倒すごとにピッピッと子気味よく反応してくれるのですが、ミニミーのスイッチはアナログ感のある動き。

また背面の水タンクもジェニオ2プレミアムの方が扱いやすくなっています。

価格はミニミーの方が安く手に入りますが、細かい操作性を気にすると新機種のジェニオ2プレミアムの方が上です。

ミニミーはどんな人に向いている?

古い機種のため家電量販店ではオートストップマシンの中で安価で手に入るのがミニミーの強みでしょう。

ドルチェグストを試してみたいけど初期費用は少しでも安い方が良い。
マシンの使い勝手は多少のことであれば気にならない。
という人にミニミーがおすすめです。

一方、多少値がはっても良い物を使いたい人は最新のジェニオ2プレミアムかドロップの方が良いと思います。

ちなみに、もし一日に1〜2杯以上コーヒーを飲む人(家庭)であれば、カプセルの定期お届け便を利用するのがおすすめ。

定期便を使えばカプセルが常に10%OFFで購入できるだけでなく、なんとジェニオ2プレミアムかドロップのマシン本体が無料でもらえます。

⇒マシンが無料のカプセル定期便の詳細はこちら

自分に合ったマシン選びで楽しいコーヒーライフをお過ごしください!

ドルチェグストやドリップポッドのコーヒーって安いの?カプセル式コーヒーメーカーにかかるコストを比較してみた!

コーヒーは一杯あたりの金額は数十円〜数百円。
でも毎日数杯飲む物だから、案外お金がかかりますよね。

パソコンとコーヒータイム

「最近ドルチェグストやネスプレッソとかいうコーヒーメーカーが流行りらしいけど、高いんでしょ?」

そんな疑問にお答えするため、様々なコーヒーのコストと味を比較してみました!

わかりやすいように条件を統一して、
飲む量は一日3杯。一か月間の費用で比べてみたいと思います。


味は専門店が美味しい。でもやっぱりコストは高い!

味だけで言うとやはりコーヒーショップやカフェが一番です。
プロが豆を厳選して最も美味しいと思う方法で淹れてくれるのですから。

その分費用もかなり高め。
お店によりますが一杯300円〜500円(高級喫茶店だともっとしますね)。

ここはわかりやすく一杯400円としましょう。
400円×一日3杯×30日=36,000円

一日3杯を全てコーヒーショップやカフェで飲む人は少ないと思いますが、もしそうするとひと月で3万6千円もかかってしまうんですね。

これはおサイフによくないです。。

最近流行のコンビニコーヒー

セブンイレブン

セブンイレブンが火付け役となって一気に広まったコンビニコーヒー。
どこでも買えて、その場で豆を挽いているので味もなかなか美味しい。

僕もカプセル式コーヒーメーカーのドルチェグストを使う前はよくセブンコーヒーを利用していました。

セブンコーヒーの場合R(レギュラー)サイズで一杯100円。
100円×一日3杯×30日=9,000円

カフェで飲むよりはかなりお得ですが、一か月で9千円も使っていたなんて。
塵も積もれば山となるです。

ちなみに缶コーヒーも百数十円ですので、コストはコンビニコーヒーとほぼ同じと考えていいでしょう。

コスト面では自宅で淹れるのが安い

飲める状態のコーヒーを買うのは高い。
じゃあ家、または会社で淹れてみてはどうでしょうか?

インスタントコーヒー

一番安く済むのはこれ。インスタントコーヒーです。
銘柄によって上下しますが、おおよそ一杯10〜20円ほどで飲む事ができます。

ここは一杯30円として、
10円×一日3杯×30日=900円

おぉっ。一か月間のコストは相当安くなりますね。
量を飲む人には嬉しい金額です。

インスタントコーヒーを飲むのであれば、そのままお湯で溶かすのではなくネスカフェバリスタを使用するのもおすすめです。

ネスカフェバリスタ

バリスタを使っても一杯あたりのコストは20円程度。
最初にマシン代がかかりますが、長く使うのであればそれほど大きな金額ではないでしょう。

バリスタはインスタントコーヒーに気圧をかけて抽出するマシンで、インスタントのネスカフェゴールドブレンドが、クレマ(泡)の立った本格的なコーヒーに変身します。

香りもコクもぐんと増して、缶コーヒーなんかよりもグンと良い味わいに。

ただ、やっぱりどうしてもインスタントっぽさは若干残ってしまいます。。

ハンドドリップ(ペーパードリップ)で淹れる

コーヒーショップやスーパーで豆を買ってきて、自宅でフィルターを使って淹れるハンドドリップコーヒー。

ケトルやドリッパー等の初期投資は必要ですが数千円程度。

ランニングコストに優れており、豆の種類にもよりますが一杯あたり10円〜50円程度。
自分の好きな豆を探したり、こだわりのドリップ用機器を揃える楽しみがあります。

僕も時間がある休日はよくハンドドリップでコーヒーを淹れています。

ペーパードリップコーヒー

ただハンドドリップには大きな問題点があります。
それは手間がかかること。

よほどコーヒーを淹れるのが好きな人じゃなければ、お湯を沸かしてフィルターをセットしてゆっくり抽出して機器を洗うのって結構めんどくさいものです。

それなりに慣れても一杯淹れるのに3分程度はかかってしまうでしょう。

コーヒーメーカーで淹れる

コストは豆(粉)なので、初期投資のコーヒーメーカー代を除けばランニングコストはハンドドリップとあまり変わりません。

一般的なコーヒーメーカー

コーヒーメーカーの値段はピンキリで、2,000円程度の安い物から1万円を超える高級機種まで幅広くあります。

作り置きができるので毎回ハンドドリップで淹れるよりも作る手間は軽減されるのがコーヒーメーカの強み。

逆にコーヒーメーカーの弱点は、作り置きのコーヒーがまずくなってしまうことと、結局片付けの手間はハンドドリップと同様もしくはそれ以上にかかること。

コーヒーは酸化に弱い飲み物です。
淹れてから少し時間がたつと酸っぱい酸化したコーヒーになって風味が落ちてしまいます。

せっかくのブレイクタイムがまずいコーヒーでは台無しですよね。

コストは一杯10円の豆だとすると、

10円×一日3杯×30日=900円

カプセル式コーヒーマシンで淹れる

さて、最後になりましたがこれが僕の大本命です。
カプセル式コーヒーマシン。

s_about_img_01

なにが良いってとにかく簡単にすぐ淹れられて美味しいんです。
3年前にドルチェグストの初期モデルを購入してから手放せなくなりました。

ドルチェグストの場合、一杯あたりにかかるコストはレギュラコーヒーで約60円。
60円×一日3杯×30日=5,400円

インスタントコーヒーとまではいきませんが、だいぶコストは安く抑えられていると思います。

カプセル式のメリットは

  • 淹れるのが簡単、短時間(ほとんどのマシンが1分程度で淹れられます)
  • 密封カプセルで一杯ずつ淹れたてなのでとにかく美味しい
  • コーヒーを買うことを思うと一杯あたりのコストは安い
  • 十種類以上のカプセルから好きな味のメニューを選べる
  • 片付けもカプセルを捨ててホルダーをすすぐだけなのでとても簡単

逆にデメリットはというと、

  • 初期費用としてマシン本体が結構高い

ほぼこの一点でしょう。

ドルチェグストの場合、マニュアル型のマシンで4,000円くらいから、今主流のオートストップ型のマシンだと8,000円以上します。

ネスプレッソやキューリグ、UCCのドリップポッド等もありますが、エントリーモデルの金額はどれもそれ程変わりません。

ドルチェグストなら初期費用ゼロで始める方法がある!

初期費用のコストが高いのがカプセル式コーヒーマシンとお伝えしましたが、ドルチェグストやUCCのドリップポッドであれば実は初期費用ゼロで手に入れることもできます。

それはカプセルの定期購入。

ネスカフェドルチェグストが自宅で無料マシンプレゼント

定期購入と言ってもそれほどたくさん買う必要は無く、一日にコーヒーを1〜2杯飲む人であれば十分に利用可能。

定期便を利用すればカプセル代だけで、通常8,000円以上するドルチェグストの人気マシン「ジェニオ2プレミアム」が無料でプレゼントされるんです。

しかもカプセルは通常の10%OFFで購入できるのでランニングコストもお得と評判!

実は僕もこのカプセル定期便でジェニオ2を買い変えて毎日美味しいコーヒーを楽しんでます。

ドルチェグストのカプセルを入れる

もしこれから新たにカプセル式コーヒーメーカーを始めるのであれば利用を検討してみてもいいでしょう。

▼マシンが無料のドルチェグスト定期便詳細はこちら▼

今使ってるコーヒーメーカーが不便すぎる><ネスカフェドルチェグストに買い替えた方のレビュー

3ヶ月前に従来使っていたドリップ式のコーヒーメーカーからドルチェグストに買い替えたT様ご夫妻からレビューを頂きましたので紹介します!

一般的なコーヒーメーカードルチェグストジェニオ2プレミアム
私と主人、60代夫婦の2人暮らしです。
主人はカメラマンで日によって出かけていたり、家で事務作業を行っていたりします。
今までうちでは今まで朝に5杯分のコーヒーを沸かして朝食時に2人で飲み、残りを一日かけて主人と私が仕事の合間に飲んでいました。
ただ、ドリップコーヒーのコーヒーメーカーは淹れてすぐは美味しいのですがどうしても時間がたつと味が落ちてしまいます。
主人が急に出かける日はほとんど飲まれずに3杯ほどのコーヒーを捨てることもありました。
最近私たちも歳をとってコーヒーを飲む頻度が下がってきて、がぶがぶ飲むよりも一杯ずつ美味しいコーヒーを飲めたらなと思っていました。
そんなときに娘に教えてもらったのがドルチェグストでした。

ドルチェグストはカプセルを使って一杯ずつコーヒーを淹れるので、味が劣化せず、余ったコーヒーを捨てるようなこともありません。
日によって2杯だけとか5杯飲むとか量が変わってもその都度作る量を調整できます。
なにより今までのコーヒーメーカーと違って粉を処分したりフィルターを換える手間が無くなったのがとても楽です。

ドルチェグストにしてからはコーヒー以外にもいろいろなカプセルがあるので、お昼休みはミルクの入ったカプチーノや抹茶ラテを楽しんでいます。(主人はブラックコーヒーしか飲みませんが)

コーヒーメーカーは一度にたくさん作るのであれば便利ですが、少量ずつ美味しいコーヒーを飲みたい場合は絶対ドルチェグストの方が美味しくて簡単なのでおすすめです。

お子様が独立されてコーヒーを飲む量が減ったご家庭でドルチェグストを導入されるところが増えているようですね。

ドルチェグスト

ドルチェグストはコーヒーを淹れたあと、カプセルを捨ててカプセルホルダーをすすぐだけと、後片付けも簡単なので奥様はかなり楽になられたと思います。

もちろん味も普通のドリップコーヒーよりも香り豊かでコクあがあるので満足されていることでしょう。

今回レビューを頂いたT様ご夫妻は娘さんからドルチェグストのマシン ジェニオ2プレミアムをプレゼントされたそうですが、これからドルチェグストを購入される方には「カプセル定期お届け便」がおすすめです。

ドルチェグストのマシンが無料のキャンペーン

これはカプセルを定期購入する事で、通常8,000円以上するドルチェグストのマシン本体が無料でもらえるというサービス。

カプセルは1ヶ月おきに最低6箱(16カプセル入り)を購入する必要があるので、一日あたり1〜2杯のコーヒーを飲む方であればこのカプセル定期便が断然お得です。

しかも、定期便であればカプセルを常に通常の10%OFFで購入できます。

T様ご夫妻も毎朝2杯分コーヒーを作っておられるようなので、新たにカプセル定期便を申し込んでもお得になるはずです!

▼マシンが無料でもらえる定期便の詳細はこちら▼

自宅で使うコーヒーメーカーはドリップ式かカプセル式どっちがいい?15気圧で抽出できるカプセル式のドルチェグストがおすすめ!

一家に一台はほしいコーヒーメーカー。

従来はドリップ式のコーヒーメーカーがほとんどでしたが、最近はカプセル式のマシンが主流になりつつあります。

理由は一杯ずつ美味しく手軽に淹れられること。

オフィスなど多人数が何倍も飲む場合はコーヒーマシンもいいのですが、家庭では少ない量(一杯ずつ)を、手軽に早く、そして後片付けも簡単に入れられるニーズが高いのです。

今回は、ドリップ式とカプセル式コーヒーメーカーの違いについてお伝えしようと思います!

ドリップ式とカプセル式コーヒーメーカーの違い

ドリップ式コーヒーメーカー

一般的なコーヒーメーカー

いわゆるハンドドリップのコーヒーをマシンで再現するものです。

メリットとしては2,000円代~の安価なモデルがあること、そして粉を使用するので一杯あたりのコーヒーの費用が低く抑えられること。
そしてたくさんの量を一度に作るのが得意なことです。

逆にデメリットとしては1杯作るのも5杯作るのも手間が変わらず、「美味しい1杯」を楽しむのに適さないこと。

たくさん淹れて作り置きするとコーヒーはすぐに酸化してしまいます。

また、豆・粉の掃除やフィルターの交換、マシンの洗浄などお手入れやメンテナンスがとにかく大変です。

カプセル式コーヒーメーカー

ミニミー、ジェニオ2プレミアム、ドロップの比較

カプセル式のコーヒーメーカーは、新鮮なコーヒー豆が詰まったカプセルから抽出するので「美味しい一杯」を短時間で手軽に淹れられます。

片付けはコーヒーを淹れた後はカプセルを捨てて、カプセルホルダーを洗うだけ。粉で汚れたりしないし、面倒なフィルター交換もなくてメンテナンスが簡単です。

さらにジェニオ2プレミアムであればボディサイズがコンパクトなので場所をとりません。

カプセル式の味はインスタントコーヒーとは比べ物にならない

ネスレのコーヒーマシンでも「ネスカフェゴールドブレンドバリスタ」はインスタントコーヒーを使用します。
このゴールドブレンドバリスタもコストパフォーマンスが高い非常に人気の機種です。

▼左がドルチェグストのジェニオ2プレミアム。右がネスカフェバリスタ

写真 2016-04-09 17 26 18

ただ使っている豆はインスタントコーヒーのため、コーヒーにこだわりのある人からするとやはりインスタントっぽさが感じられます。

一方、ドルチェグストで使用しているのはインスタントではありません。

ドルチェグストは一杯ずつ抽出

炒りたて・挽きたての粉をカプセルに密封して、空気も光も通さない状態で保管します。

淹れる時はカプセルをひとつずつ使うのでいつも淹れたて。

インスタントコーヒーと比べ物にならないことはもちろん、自宅で普通に淹れるコーヒーよりも薫り高くコクのある美味しいコーヒーが簡単に作れます。

僕自身両方飲み比べたところでは、もドルチェグストのレギュラーコーヒーは文句なしに美味しいと思うのですが、バリスタのコーヒーは「インスタントをすごく美味しく抽出した」という印象です。

ドルチェグストのカプセルは店頭で買うよりもネットが安い

カプセル式コーヒーメーカーのドルチェグストはどのマシンでも共通の専用カプセルが使えます。
カプセルは家電量販店やスーパー、コンビニ、ドラッグストア、そしてネット通販などで販売されています。

ドルチェグストのメリットのひとつがカプセルがどこでも買えること。

ですが、ある程度の箱数をお得に買うのであれば店頭よりもネットで購入する方が安くなります!

例えばスーパーなどでは
レギュラーコーヒー(ルンゴ)16個入が一箱924円(税込)で販売されていますが、Amazonでは一箱904円(税込)。プライム会員であれば3箱以上注文すると送料無料で配送してくれます。

※アマゾンの価格はセールなどで頻繁に変わるのでご注意ください。

ドルチェグストのカプセルの種類

さらに、1か月で3箱以上(一日に1~2杯)コーヒーを飲む人であればネスレ公式のカプセル定期お届け便を使うのが安くて便利。

1か月おきに好きなカプセルを定期配送してくれるサービスで常に10%OFFの価格でカプセルを購入することができます。

通常一箱924円(税込)が10%OFFだと882円(税込)です。

自宅用で使うならほぼ毎日、もしくは毎朝コーヒーを飲まれる方がほとんだと思うので、定期的に届くとカプセルを切らす心配もなく便利ですね。

カプセル式のコーヒーメーカーは家電量販店よりもキャンペーンで無料で手に入れる

カプセル式コーヒーメーカーの中で最も人気の機種といえば、ネスカフェドルチェグストのジェニオ2プレミアムでしょう。

コンパクトなボディに1Lの大型背面水タンクを備え、電源ONからたった30秒で美味しいコーヒーを抽出できます。

ドルチェグスト

その人気機種が、ネスカフェ公式のキャンペーン「カプセル定期お届け便」でなんと無料で手に入るんです。


カプセル式のコーヒーメーカーを使うなら、このサービスを利用しない手はありません。

一度ネスカフェ公式サイトでご覧ください!