マシンの種類が多すぎてどれがいいかわからない!? 2017年最新版!ドルチェグスト機種の選び方

簡単操作で1分もたたず淹れたての美味しいコーヒーが作れるネスカフェドルチェグスト。

ドルチェグストのカプセル

ほしいけど「機種がたくさんあってどれにすればいいの?」と迷われている方もいると思います。

今回は僕が実機を触って検証した、ドルチェグストはどのマシンがいいのかレポート2017をお伝えします!

記事の後半にはドルチェグストのマシン本体を超お得に手に入れる方法も記載していますのでぜひ最後までお読みください!

まずはオートストップ付きかマニュアル機かを選ぶ

ドルチェグストにはお湯の量を設定できるオートストップ型のマシンと、お湯の量を目視で調節するマニュアル型のマシンがあります。

カプセルの蓋に目盛りが書いてあるので、オートストップ型ならその目盛りに合わせれば自動的にその量ぴったりで止めてくれます。

薄めのコーヒーが好みの場合は目盛り設定を一段階上げるなどして調節することもできます。

ドルチェグストの目盛り

一方マニュアル型は、レバーを倒した時間だけお湯が出続けます。

そのため「マグカップの何分目」など自分でお湯の量を見計らって止める必要があります。

基本的には使い方が簡単で確実に美味しく作れるオートストップ型がおすすめ。

「マニュアル」という言葉にはこだわりのある人が使いそうなイメージがありますが、

ドルチェグストに関してはオートストップ型の方が簡単かつ安定して美味しいコーヒーを淹れられるためマニュアル型のメリットは特にありません。

オートストップ型とマニュアル型でマシン本体の金額差は3,000円~4,000円ほどです。

どうしても初期費用を抑えたい!という型以外はオートストップ型を選びましょう。

一応ここでは、現在販売されているマニュアル型の機種として2機種を紹介しておきます。

マニュアル型 ジョビア

ドルチェグスト ジョビア

実勢価格:5,970円(税込)
カラー:レッド/ホワイト
タンク容量:800ml

コンパクトで低価格なマシン。

マニュアル機種の中では最新機種。

マニュアル型 ピッコロプレミアム

ドルチェグストピッコロ

実勢価格:4,800円
カラー:レッド/ブラック
タンク容量:600ml

かわいくてコンパクトでリビングにぴったりのデザイン。

上質感のある2つのカラーから選べます。


ドルチェグストのメイン機種は実質この2機種

マニュアル型の2機種を紹介しましたが実際のところ家電量販店などで置いてある機種は大抵オートストップ型の物です。

マニュアル型は、ドルチェグストの大きな魅力である「簡単操作」が100%享受できないのでオートストップ型の方に人気が集中しています。

オートストップ型は現在5機種ほどが販売されていますが、量販店でほとんど取り扱われていない旧型機種を除くと、実質選択肢はドロップとジェニオ2プレミアムの2機種だけとなります。

斬新なデザインの最新機種 ドロップ

ドルチェグストドロップ

実勢価格:10,000円
カラー:レッド/ホワイト
タンク容量:800ml
タッチパネル搭載

一見コーヒーマシンとは思えない斬新なデザインが魅力のドロップ。

コーヒーの雫からインスピレーションを受けたそうです。

ドルチェグストの最新モデルで、抽出量はタッチパネルで操作できます。

使いやすいロングセラー ジュニオ2プレミアム

ドルチェグストジェニオ2プレミアム

実勢価格:8,500円
カラー:レッド/ブラック/チタン
タンク容量:1L

実質ドルチェグストラインアップの中でメインとなっているモデルです。

タンク容量が1lと大きく、一度の給水でレギュラーコーヒー約8杯が淹れられます。

家庭だけでなく多くの人が利用する職場でもおすすめ。

ドルチェグストは専用のカプセルでコーヒーを抽出するため、機種による味の違いはありません。

異なるのは大きさを含む本体のデザインと水タンクの容量、そして細かい操作性の3点です。

デザインに関しては完全に好みですが、売れ筋のジェニオ2プレミアムよりも最新機種のドロップの方が大きな設置面積が必要です。

ジェニオ2プレミアムはちょうどポットぐらいの大きさなのに対して、丸い形のドロップはその1.5倍ほどの場所が必要になります。

広々としたキッチンであればどちらを選んでも構いませんが、少しでもコンパクトな方がいいのであればジェニオ2プレミアムがおすすめです。

水タンクの容量に関してもジェニオ2プレミアムが200ml大きくなっています。

ただこれに関してはカップ1杯分程度の差しかないので、家庭での使用であればそれほど気にする差ではないと思います。

最後に操作性は、最新機種のドロップは湯量の調節用にタッチパネルを備えています。

対するジェニオ2プレミアムはレバーの上げ下げでお湯の量を調節します。

ドロップのタッチパネルは今風の新しい感じを受けますが、7段階のお湯の目盛りを上げ下げするだけなので、ジェニオ2プレミアムのレバーでも操作性にはあまり違いはありません。

まとめ

ドルチェグストはオートストップ型マシンの最新2機種であれば設置場所の面積とデザインの好みで選ぶので問題ありません。

ただ、実際の売れ筋としてはジェニオ2プレミアムの方が最新機種のドロップよりも売れている状態で、当初2,000円(ドロップが10,000円前後、ジェニオ2プレミアムが8,000円前後)だった価格差も徐々に縮まりつつあります。

ドルチェグストのマシンを無料で手に入れる方法

そんなドルチェグストのメイン機種、ジェニオ2プレミアムですが、ネスレ日本公式のキャンペーンでなんとマシン代無料で手に入れることができます!

それのキャンペーンとはカプセル定期お届け便。

使用にあたって必ず必要なドルチェグストのカプセルを定期購入する事で通常10,000円前後のドルチェグストのマシン本体がタダでプレゼントされるんです。

それも、旧型機種の在庫処分ではなく一番人気の2機種が用意されているなんて、ネスレさんも太っ腹ですね。

これからドルチェグストの購入を考えている型は、絶対お得なカプセル定期便を検討してはいかがでしょうか。

▼ジェニオ2プレミアムが無料でもらえるカプセル定期便の詳細はこちら 

コメントを残す