バリスタiかドルチェグストどちらがおすすめ?味とコストの比較レビュー

2017/2/18更新

日本一売れているネスカフェのコーヒーマシン「ドルチェグスト」「バリスタ」。先日バリスタの最新機種バリスタi[アイ]が発売されてますますどっちにしようか迷いますよね〜!

今回はドルチェグスト「ジェニオ2プレミアム」と最新型バリスタi(バリスタアイ)の両方を使っている僕が実際に飲み比べた感想と、飲むのにかかるコストを徹底比較します!

この2機種、デザインの雰囲気も結構似ているので、「どう違うのかわからない」という声をよく聞きます。

でも実は全然違うマシンなんですよ!まずは両者の違いから見ていきましょう!

バリスタとドルチェグストの違い

バリスタi(正式名称;ネスカフェゴールドブレンドバリスタi)とドルチェグストの一番の違い。
それは使う豆のタイプです。

バリスタiはインスタントコーヒーの「ネスカフェゴールドブレンド」を入れてコーヒーを抽出します。

とはいえただお湯でインスタントコーヒーを溶かしているだけではなく圧力をかけて抽出するので、香ばしい香りの漂うワンランク上のコーヒーに仕上がるんです。

ネスカフェバリスタエコ&システムパック

つまりバリスタiは、インスタントコーヒーを最高に美味しく抽出するためのマシンです。

これがバリスタiで作ったブラックコーヒー。上の方に白っぽく見えているのは美味しいコーヒーの証と言われるクレマ(泡)です。普通にお湯を沸かしてインスタントコーヒーを作ってもクレマなんてできませんよね!

実際飲んでみると、圧力をかけたことで香りが増幅され、泡の口当たりのいい美味しいコーヒーに仕上がっています。単にインスタントコーヒーにお湯を注ぐのとは全然違います。

 

続いてドルチェグストのブラックコーヒーです。

ドルチェグストはインスタントコーヒーではなく、一杯ずつ専用のカプセルを使ってコーヒーを抽出します。

ドルチェグストのカプセル

カプセルの中には挽きたての豆が密封されていてそれにお湯を通してコーヒーを作ります。インスタントのように粉をとかすのではなく、レギュラーコーヒーマシンと同様に本物の豆を使っています。

だからバリスタiよりもぐっと美味しく仕上がります!

インスタントっぽさは全くなく、カフェで出されるコーヒーの風味。豆が新鮮な分、素人が淹れたドリップコーヒーより美味しいはずです。

好みの差はあるといえ、一般的にコーヒーの美味しさという点ではバリスタiよりもドルチェグストの方が上でしょう。

バリスタiとドルチェグストの使い勝手を比較してみる

ブラックコーヒーの味ではドルチェグストが上でしたが、使いやすさではどうでしょうか?

大前提として、どちらのマシンも一般的なコーヒー粉を使用するコーヒーメーカーよりもずっと使いやすくできています。紙フィルターを交換したり、コーヒーかすを捨てる必要がないのが一番の理由です。

一般的なコーヒーメーカーは使った後に部品を洗う必要がありますが、その分解して洗わなければいけない部品の量も圧倒的に少ないのです。

バリスタiの使い方

ではまずバリスタiの使い方を見てみましょう!

コーヒーを作る前の準備として、マシンの上部にインスタントコーヒーのネスカフェゴールドブレンドを、背面のタンクに水を入れておきます。インスタントコーヒーはエコ&システムパックというバリスタ専用の物を使います。

コーヒーを淹れるにはまず電源ボタンを押します。約30秒で予熱が終わったら、飲みたいメニューのボタンを押すだけ。1分も経たずにコーヒーができあがります。

  1. 電源ボタンを押す(予熱約30秒)
  2. 飲みたいコーヒーのメニューを押す
  3. コーヒーのできあがり

「インスタントコーヒー」って普通に作ろうと思ったら、ケトルでお湯を沸かして、スプーンで粉の量を量り、お湯を注いで混ぜますよね?
お湯が沸くのを待つだけで2分ぐらいはかかると思います。

それがバリスタiならボタンひとつ。たった1分で済むのです。

タッチパネルのエスプレッソボタンで抽出

すごいのはブラックコーヒーだけじゃなくてカフェラテカプチーノもボタン一つで作れること。作り方はコーヒーのボタンを押す前にマグカップの中に粉ミルクのネスレブライトか牛乳を入れておくだけです。

マシンから高温のスチームが吹き出し、マグカップ内のミルクを温めてふわふわのミルクフォームに仕上げてくれます。

これはさすがにマシンを使わないとできないメニューですよね!

ドルチェグストの使い方

次にドルチェグストの使い方です。

こちらも背面のタンクに水を入れておきます。

コーヒーを淹れるときは電源ボタンを押して約30秒、予熱が終わるのを待ちましょう。

その間にカプセルホルダーに作りたいコーヒーのカプセルをセットしておきます。ドルチェグストはこのカプセルを変えることでコーヒーだけでなく14 種類ものメニューを作ることができるんです!

ドルチェグストは14種類のメニューのカプセルが選べる

予熱が終わったらお湯の量を調節して、抽出を開始します。湯量調整も抽出も上部のレバーで行います。

  1. 電源ボタンを押す(予熱約30秒)
  2. 飲みたいカプセルをホルダーにセットする
  3. レバーで湯量を調節して抽出開始
  4. ドリンク完成!

ドルチェグストジェニオ2プレミアムで作るカプチーノ

ドルチェグストはブラックコーヒーだけでなく、 カプセルを変えることでカプチーノやティーラテ、チョコチーノ、宇治抹茶などを楽しむことができます。

ドルチェグストのメニュー一覧

このように、バリスタiとドルチェグストでコーヒーの作り方と時間には大きな差はなく、どちらもたった1分で美味しいコーヒーができあがります!

バリスタiで使うインスタントコーヒー「エコ&システムパック」も、ドルチェグストの「専用カプセル」も、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで購入できます。

また、ネットのネスレ公式通販で購入すれば実店舗よりも安く買うことができます。コーヒーの販売店が多いのもネスレのコーヒーメーカーの強みのひとつですね。

後片付けとメンテナンスで比較

バリスタiとドルチェグスト、後片付けの面では少し手間が異なります。

まずバリスタi、使った直後はそのままでいいのですがその日の最後に部品をいくつか分解してぬるま湯で洗う必要があります。パーツは5つほどで、すすぐだけで済むので3分ほどで完了します。

▼バリスタアイの部品の洗浄
バリスタの部品の洗浄

ドルチェグストの場合は使った直後にカプセルホルダーを水で軽くすすぎます。1日の最後は抽出口の下の受け皿をすすぐだけです。

▼ドルチェグストの部品(カプセルホルダー)の洗浄
ドルチェグストの部品の洗浄

片付けとメンテナンスではドルチェグストの方がやや簡単ですね!

でもどちらも粉が発生する普通のコーヒーメーカーにくらべると全然手間がかからないようにできています。

コーヒーのコストを比較してみる

バリスタの一番のメリットはインスタントコーヒーを使うので一杯あたりの費用が安いこと。

インスタントの粉コーヒーにも数種類あるのですが、ポピュラーなネスカフェゴールドブレンドであれば一杯あたり約20円でコーヒーを楽しむ事ができます。

バリスタiで使えるコーヒーは6種類。専用のエコ&システムパックという箱にはいっているコーヒーが対象です。

同じネスレのインスタントコーヒーでも、エクセラはバリスタiには対応していないので使用できません。

バリスタアイで使えるエコ&システムパック

バリスタiで使えるインスタントコーヒーの種類

  • ネスカフェゴールドブレンド
  • ネスカフェゴールドブレンドコク深め
  • ネスカフェゴールドブレンドカフェインレス
  • ネスカフェ香味焙煎 深み
  • ネスカフェ香味焙煎 丸み
  • ネスカフェプレジデント

バリスタiで作れるメニュー

  • エスプレッソタイプコーヒー
  • ブラックコーヒー
  • ブラックコーヒー(マグサイズ)
  • カフェラテ
  • カプチーノ

ではドルチェグストの方はどうでしょうか。

ドルチェグストは先ほど紹介したとおり、一杯ずつ専用のカプセルを使ってコーヒーを作ります。その分味は美味しくなりますが、コストはバリスタiよりも高くなってしまいます。

ドルチェグストのオリジナルブレンドコーヒーカプセル

具体的には普通のブラックコーヒーである「オリジナルブレンド」のカプセルで一杯あたり約55円です。ミルクカプセルも使うカプチーノや豆乳ラテの場合は、倍の一杯約110円程度になります。

ドルチェグストはバリスタiに比べるとコストは少し高くなってしまいます。でも150円するコンビニコーヒーや300円以上するカフェのコーヒーに比べるとずっとお得ですよね。

ドルチェグストは挽きたての豆の詰まったカプセルで抽出するので味の深みとコクがすばらしく、たった1分で淹れたコーヒーとは思えない美味しさなので、実際に飲んでみると「これで55円は安い」と思うはずです。

ドルチェグストで作れるメニュー

  • オリジナルブレンド
  • モカブレンド
  • リッチブレンド
  • カフェオレ
  • スペシャルティーコーヒールワンダ(数量限定)
  • レギュラーブレンド(ルンゴ)
  • ローストブレンド(ルンゴインテンソ)
  • レギュラーブレンドカフェインレス
  • アイスコーヒーブレンド
  • エスプレッソ
  • エスプレッソインてんそ
  • カプチーノ
  • ラテマキアート
  • ソイラテ
  • ティーラテ
  • 抹茶ラテ
  • 宇治抹茶
  • チョコチーノ

一日に何杯もコーヒーを飲み、コスト優先にするのであればネスカフェゴールドブレンドバリスタ。

一杯あたりの金額は多少高くなっても一杯ずついれる美味しいコーヒーが飲みたいのであればドルチェグストがおすすめです。

 

味についてまとめると、

すこし値段が高くても本格コーヒーを手軽に楽しみたいのであればドルチェグスト。

ブラックコーヒーとカフェラテ・カプチーノしか飲まず、何杯とにかく安く飲みたいのならバリスタがいいでしょう。

 

味にこだわる僕がどちらも飲み比べたところ、個人的にはドルチェグストの方がおすすめです。

特に、コーヒーだけではなく抹茶ラテやティーラテのような様々なバリエーションののドリンクを楽しみたい人にはドルチェグストは最適でしょう。

バリスタi、ドルチェグストのマシンが無料で使えるキャンペーン

バリスタi とドルチェグストは、キャンペーンを利用することでなんとマシンを無料で使うことができます!

普通に家電量販店で買うよりも絶対お得。僕自身、バリスタiもドルチェグストもこのキャンペーンを使って手に入れました。

バリスタiのキャンペーン

バリスタiの新発売キャンペーンとして、マシンが無料でレンタルできる定期便キャンペーンを開催中です。

条件は、ネスカフェゴールドブレンドのエコ&システムパックを定期便で購入すること。最低購入数は決まっていないので、毎回1パック購入するだけでもバリスタiをレンタルすることができます!

家電量販店で購入すると7,000円以上するマシンが無料で使い続けられるのですからかなりお得だと思いませんか?しかもネスレの定期便で購入できるコーヒーは市場最安値レベルなんです!!

これはあくまで新発売キャンペーンなので正直いつまでやっているかわかりません。お得なのは間違いないので、気になっている人はぜひ一度チェックするべきです!

⇒バリスタiが無料で使える!定期便の詳細はこちら

ドルチェグストのキャンペーン

もうひとつはドルチェグストのキャンペーン。
こちらはなんと!レンタルではなくマシンをプレゼントされます!

その条件は、1〜2ヶ月に一回、最低6箱の専用カプセルを定期購入すること。

ドルチェグストのジェニオ2プレミアムは通常1万円前後するのですが、それが無料でもらえちゃいます!

しかも今ならバラエティカプセルと、大人気宇治抹茶カプセルがおまけでついてくる期間限定プレゼントもやっているので、迷っているならすぐに申し込んだ方が絶対お得です!

⇒ドルチェグストが無料でもらえる!定期便の詳細はこちら

コメントを残す