ママ友へのおもてなしドリンクって好みがあるから大変。。14種類のカフェメニューが作れるドルチェグストならみんな大満足!

ママ友をお家に招いてホームパーティー。

お子様の習い事やご主人の仕事などおしゃべりに花が咲きます。

そんなとき、ちょっと気の利いた飲み物があればゲストも楽しんでくれるはず!

でも人によって好みが違ってコーヒーが好きな人もいれば紅茶が好きな人もいます。
甘いものが大好きという人もいるかもしれません。

できれば「○○さんが淹れてくれる飲み物っていつも美味しいよね」って言ってもらいたい!

 

そんな悩めるホスト奥様の役に立ってくれるのが、ネスカフェのドルチェグストです!

普通、コーヒーや紅茶は別々に作ろうと思うと2種類の器具が必要だし、時間も結構かかってしまいます。

美味しい物を出したいけど、キッチンにこもってあまり長時間待たせるのもよくないですよね。

 

ドルチェグストならカプセルの種類さえ用意しておけば、一人ひとり好きな味を選んで抽出できるからとても便利!

ドルチェグストのカプセル

例えばコーヒー好きのAさんはレギュラーコーヒー(ルンゴ)

ミルクティーが好きなBさんはティーラテ

甘いカフェメニューが好きなCさんはカプチーノ

というように、14種類のカフェメニューからゲストの好みに合わたドリンクが作れるんです。

カプセル式のコーヒーメーカーだから味は抜群。

空気に触れないよう密封された挽きたての豆から抽出されるコーヒーは風味豊か。

特にラテマキアートやカプチーノなどミルクを使ったメニューはドルチェグストならではの、カフェのようなふわふわフォームドミルクに仕上がります。

ラテマキアート

抽出時間も一杯あたり1分程度ととても手軽。

カプセルをセットしてレバーを倒すだけの簡単操作で、周りを汚すことも無いので、キッチンにこもらなくてもリビングでおしゃべりしながらドリンクを作ることができます。

抽出した後のカプセルはそのままゴミ箱に捨てるだけ。

カプセルの味(メニュー)を変えるときでもいちいち機器を洗浄しなくていいのでいろんな種類のドリンクをスムーズに提供できます。

選べるカプセルは箱から出して専用のカプセルホルダーにしまっておけば、おしゃれなインテリアのようです。

ドルチェグストカプセルディスペンサー

どうでしょう?

ドルチェグストはホームパーティーの最強おもてなしアイテムだと思いませんか?

 

もちろん普段のコーヒーメーカーとしても大活躍

ドルチェグストは、パーティーだけじゃなくてもちろん日常使いでも活躍します。

レギュラーブレンド(ルンゴ)をはじめとしたコーヒーメニューは5種類あり、毎朝の忙しい時間でもさっと淹れたての美味しいコーヒーを作る事ができます。

いろいろな種類のドリンクが作れるので、旦那様の朝食時にドルチェグストのコーヒーやドリンクを沿えればきっと喜ばれるはずです!

 

このドルチェグストのマシン本体、少し前は1万円前後して結構手が出しにくいシロモノでした。

ジェニオ2プレミアムとドロップの違い

でもとあるキャンペーンがスタートしてからとても手に入りやすくなったんです。

それはドルチェグストのカプセル定期便。

ドルチェグストのカプセルを定期購入することで、ジェニオ2プレミアムかドロップのマシン本体がなんと無料でもらえるというキャンペーンです。

2か月に6箱以上(=コーヒー96杯分)のカプセルを定期購入契約すると、初回のお届け時にマシン本体が送られてきます。

つまりカプセルの料金だけで、1万円以上するマシンがもらえちゃうということ!

ドルチェグスト

しかも定期便小運輸でのカプセルは常に10%OFFになります!

ドルチェグストのカプセルはスーパーやドラッグストアでもなかなか値引きされないので10%OFFは結構大きいですよ!

 

さらに、定期便でプレゼントされたドルチェグストのマシン本体は、通常1年の無償修理期間が最大5年に延長されます。

これなら毎日使っても安心ですよね!

▼マシンが無料の定期便、詳細はこちら▼

今申し込むと、期間限定で宇治抹茶カプセルが1箱おまけで付いてくるそうです!

今年の2月に限定販売された時は人気過ぎて即完売した宇治抹茶。ドルチェグストをはじめるなら今ですよ!


ドルチェグスト宇治抹茶

 

カプセル式コーヒーメーカーはなぜ美味しいコーヒーが作れるの?ドルチェグストは挽きたて豆を一杯ずつ豆を密封しているから!

最近話題のネスカフェドルチェグストやネスプレソをはじめとしたカプセル式コーヒーメーカー。

ミニミー、ジェニオ2プレミアム、ドロップの比較

カプセル式コーヒーメーカーの特徴は

  • 挽きたての豆が詰まったカプセルで一杯ずつ入れるので美味しいこと
  • カプセルを使用するので入れるのも片付けも手間がかからないこと

この2点です。

一杯あたりの費用は自分でひいた豆をフィルターにセットして落とすハンドドリップや、インスタントコーヒーよりも少し高くなります。

味はインスタントとは全く異なる

インスタントコーヒー(ソリュブルコーヒーとも呼ばれる)は既に抽出した液体のコーヒーを粉末化したものです。

インスタントのネスカフェゴールドブレンド

お湯を入れると粉が溶けて、手軽にコーヒーが作れます。

ただその加工過程でコーヒーのもつ香りやコクなどの重要な要素が損なわれやすいのが難点。

近年インスタントも改良が進んではいますが、どうしてもインスタントっぽい味からは脱却できていません。

よくドルチェグストと混同される「ネスカフェドルチェグストバリスタ」はインスタントコーヒーに気圧をかけて抽出するタイプのマシンです。

ドルチェグストやネスプレッソはカプセルの中に豆が詰まっている

カプセル式のコーヒーメーカーはインスタントとは異なり、豆を使うレギュラーコーヒー。

炒りたて・挽きたての豆をカプセルに一杯分だけ密封保存しています。

カプセル内には豆だけでなくフィルターも備わっており、マシンを使って上からお湯を注ぐことでコーヒーが抽出されます。

一杯ずつがパックになっていて直接マグカップにセットしてドリップする「ドリップバック」を進化させたようなものです。

ドルチェグストのカプセルの構造

カプセルの構造はこんな感じ。
下の方にフィルターが入っているのがわかるでしょうか?

マシンにセットするとふたの部分に針で穴を開けてそこからお湯を注ぎ、下の穴からコーヒーが出てくる仕組みです。

ドルチェグストやネスプレッソはさらに気圧をかけて抽出している

「じゃあドリップバッグで十分じゃないの?」ということになりますが、実はネスカフェドルチェグストやネスプレッソは単にお湯で落としているわけではなく、マシンによって気圧をかけてコーヒーを抽出します。

最大15気圧で抽出するコーヒー、つまりエスプレッソの作り方をあの小さなマシンで実現しているのがドルチェグストやネスプレッソなんです。

エスプレッソは小さなデミタスカップで飲む濃いコーヒーのイメージがあるかもしれませんが、レギュラーコーヒー用の豆を使い、多めの湯量で抽出すると普段のむドリップコーヒーに近い飲み方ができます。

ドルチェグストの厚いクレマ

エスプレッソの抽出方法を使っているため、コーヒーの表面にクレマという泡ができます。

このクレマが美味しいコーヒー(特にエスプレッソでは)の証とされており、きめ細かく長持ちするクレマが良質と言われています。

ネスカフェドルチェグストもネスプレッソもクレマの質がとても高く、しかも安定して同じクオリティのコーヒーが出せるのが魅力。

実は僕自身カフェで働いていたのでエスプレッソをマニュアルのマシンで作ることもできるのですが、カプセル式コーヒーメーカーでできる程の厚いクレマを作ろうと思うと結構な技術が必要です。

まとめ

以上のとおり、

  • メーカーが厳選した炒りたて・挽きたての豆で淹れる
  • マシンによって気圧をかけてコーヒーを抽出する

この2点がカプセル式コーヒーメーカーのコーヒーの味を美味しくしている理由です。

ちなみに、2つ目の気圧に関してはエスプレッソ式のマシンに限られます。

キューリグやUCCドリップポッドはドリップ式を採用しており気圧をかけて抽出しません。

おまけ・・・コーヒー以外のドリンクが作れる

コーヒーの美味しさとは関係ありませんが、気圧をかけてドリンクを抽出するのでコーヒー以外にもいろいろなバリエーションドリンクが作れるのもカプセル式コーヒーマシンの強みです。

例えばドルチェグストならカプチーノやチョコチーノ(ココア)、抹茶ラテなど14種類以上のドリンクを作ることができます。

ドルチェグストのカプセルの種類

ドルチェグストならマシンが無料でもらえるキャンペーンも!

カプセル式コーヒーメーカーの中でも人気が高いのがネスカフェドルチェグスト。

ドルチェグストのマシンは通常一万円前後するのですが、実はネスレ公式のキャンペーンで無料で手に入れることも可能なんです。

それが「カプセル定期お届け便」。

2か月に一度、6箱以上のカプセルを定期購入する事で、初回購入時にジェニオ2プレミアムかドロップのドルチェグスト最新マシンが無料でプレゼントされるというもの。

▼マシンが無料の定期便詳細はこちら!▼

ネスレもこれほど本気でおすすめするコーヒーメーカー。

マシン購入を検討中の方は是非一度チェックしてみてください!

ドルチェグストのマシン本体でよく聞くミニミーってどんな機種?手頃な値段で購入できるエントリーモデル!

たくさんあってどれがいいのか選び辛いドルチェグストのラインアップ。

2016年5月現在の一番の売れ筋はロングセラーのジェニオ2プレミアムと最新機種ドロップなのですが、その影で密かに売れているのが「ミニミー」です。

ドルチェグスト ミニミー

発売が2013年9月と古く、最近はあまり話題に上がらなくなってしまいましたが、世界3大デザイン賞のうち2つを受賞している可愛くかつスタイリッシュなボディが特徴。

また家電量販店でジェニオ2プレミアムやドロップが1万円前後するのに対して旧型のミニミーは6,000円〜7,000円くらいのリーズナブルな金額でかえるのも人気の理由でしょう。

ミニミーの使い方

ドルチェグストはどれも簡単な操作でコーヒーを抽出できるようになっています。

ミニミーの使い方

  1. タンクに水を入れて電源ON
  2. カプセルホルダーにカプセルをセット
  3. レバーを上下に動かして湯量を調節
  4. レバーを右(左)に倒してお湯(水)で抽出開始
  5. 抽出後はカプセルを捨ててホルダーを軽くすすぐだけ

ほとんど現行のメインラインアップのジェニオ2プレミアムと同じ操作ですね。

ミニミーは旧型ながら、設定した湯量で自動的に抽出が止まる「オートストップ機能」が付いています。

自分の好みの湯量を見つければ毎回同じ味で抽出することができるのがメリットです。

ジェニオ2プレミアムとの違い

ドロップはしずく型の特徴的なデザインと上部のタッチバネルが特徴なのでミニミーとは大きく異なります。

▼左からミニミー、ジェニオ2プレミアム、ドロップ

ミニミー、ジェニオ2プレミアム、ドロップの比較

今回はよく比較対象に挙げられるジェニオ2プレミアムとの違いを紹介しましょう。

まずわかりやすい違いはタンクの容量

ミニミーは800mlなのに対してジェニオ2プレミアムは1L。
たくさん飲む方で給水がちょっとでも少ないほうがいい人はジェニオ2プレミアムの方がいいでしょう。

そして触ってみないと解りにくい部分ですがスイッチ系の操作感が異なります。

ジェニオ2プレミアムは最近のマシンらしく、スイッチを軽く倒すごとにピッピッと子気味よく反応してくれるのですが、ミニミーのスイッチはアナログ感のある動き。

また背面の水タンクもジェニオ2プレミアムの方が扱いやすくなっています。

価格はミニミーの方が安く手に入りますが、細かい操作性を気にすると新機種のジェニオ2プレミアムの方が上です。

ミニミーはどんな人に向いている?

古い機種のため家電量販店ではオートストップマシンの中で安価で手に入るのがミニミーの強みでしょう。

ドルチェグストを試してみたいけど初期費用は少しでも安い方が良い。
マシンの使い勝手は多少のことであれば気にならない。
という人にミニミーがおすすめです。

一方、多少値がはっても良い物を使いたい人は最新のジェニオ2プレミアムかドロップの方が良いと思います。

ちなみに、もし一日に1〜2杯以上コーヒーを飲む人(家庭)であれば、カプセルの定期お届け便を利用するのがおすすめ。

定期便を使えばカプセルが常に10%OFFで購入できるだけでなく、なんとジェニオ2プレミアムかドロップのマシン本体が無料でもらえます。

⇒マシンが無料のカプセル定期便の詳細はこちら

自分に合ったマシン選びで楽しいコーヒーライフをお過ごしください!

ネスカフェとUCCの定期お届け便キャンペーン対決!ドルチェグストとドリップポッドはどっちがお得?

テレビCMでおなじみカプセル式コーヒーマシンでは不動の地位を確立しているネスカフェのドルチェグスト。

簡単・お手軽に美味しいコーヒーを一杯ずつ淹れられる人気のコーヒーマシンです。

ネスカフェドルチェグスト ジェニオ2プレミアム

でもカプセル式のコーヒーメーカーは実はネスカフェだけではありません。

国内コーヒー市場では有名なあの上島コーヒー(UCC)もカプセルタイプのコーヒーメーカーを発売しているんです。

それがUCCドリップポッド。

UCCドリップポッド

最近「ドルチェグストとドリップポッド、どっちがいいの?」という質問をよくいただきますのでお答えしようと思います。

ネスカフェドルチェグストの特徴は?

ドルチェグストの特徴は、簡単に美味しい、エスプレッソ抽出(泡コーヒー)が淹れられること。

一杯ずつ抽出する淹れるカプセル式のコーヒーメーカーで、炒りたて・挽きたてのコーヒー豆をカプセルに密封することで空気に触れる酸化を防ぎます。

ドルチェグストはエスプレッソのように15気圧をかけてドリンクを抽出するため、レギュラーコーヒーであっても豊かな香りと深いコクを楽しめるのが特徴。

しかも、常時14種類以上(現在は16種類)のカプセルはコーヒーだけでなく、ティーラテやチョコチーノ(リッチなココア)、抹茶ラテなど幅広いドリンクを楽しむことができます。

ドルチェグストのカプセルの種類

他のカプセル式コーヒーメーカーに比べるとシェアは圧倒的で、ドルチェグストのカプセルは今やスーパーやコンビにでも購入することができます。

UCCドリップポッドの特徴は?

UCCドリップポッドはドリップコーヒーを抽出できるカプセル式コーヒーメーカー。
国内で有名な上島コーヒーが開発・販売しています。

UCCドリップポッド

▲UCCドリップポッド

実は上島コーヒーはドリップポッドを開発する前からカプセル式コーヒーメーカーを販売していました。
それは「キューリグ」というマシン。今も家電量販店などで売られています。
キューリグは元々アメリカのメーカーなのですが、それを輸入して日本仕様にして展開しています。

キューリグマシン本体

▲キューリグ

キューリグはあまり一般の方には馴染みがないかもしれませんが、業務用途で幅広く利用されており、飲食店への納入実績が多数あります。

そんな「キューリグ」でカプセル式コーヒーメーカーのノウハウを培ったUCCが出したのが、「ドリップポッド」なんです。

ドリップポッドの特徴としては

  • 喫茶店で淹れたような本格的なドリップコーヒーが楽しめる
  • コーヒーの種類が多く価格帯も日常で飲むコーヒーからプレミアムまで幅広い
  • マシンの動作音が静か
  • マシン本体がコンパクト
  • 電源を入れてから約30秒で抽出スタンバイ

まず味に関してですが、これはさすがUCC。
もはやカプセルタイプのマシンで淹れたとは思えない味。

それもそのはず、ドリップポッドのカプセルはハンドドリップで淹れるドリップコーヒーの構造を忠実に再現しています。
小さなカプセルの中にペーパードリップの仕組みが作られているのです。

ドリップポッドのカプセル構造

ドリップポッドはドリップコーヒー専用マシンなので、コーヒーカプセルの種類が豊富。(一部紅茶のラインアップもあります。)
一杯80円程度の毎日使えるリーズナブルなカプセルから、ブルーマウンテン(ブレンドではない)なんかは一杯なんと2,000円もする高級カプセルスペシャルティシリーズもあります。

ドリップポッドのカプセルの種類

マシンは2015年のグッドデザイン賞を受賞しているシンプルでスタイリッシュなデザイン。

気圧をかけて抽出するドルチェグストと異なり重力の力でコーヒーを落とすので動作音が小さく、抽出ぼたんを押すときの「ポチッ」という音ぐらいしか出ません。

静かに抽出できる点は集合住宅や夜間の使用にも向いていますね。

ドリップポッドは2015年グッドデザイン賞受賞

ドルチェグストかドリップポッドか、どっちを選ぶ?

エスプレッソタイプの抽出とドリップタイプの抽出で、まず好みが分かれます。

どうしてもエスプレッソ式は嫌いでドリップしか飲めない!という方ならは必然的にドリップポッドになります。

それを踏まえて僕のおすすめは・・・ドルチェグストです。

ドルチェグスト

なぜか、

コーヒーの美味しさは互角レベルですが、
淹れられるドリンクの種類が圧倒的にドルチェグストの方が多いからです。

ドルチェグストのレギュラーコーヒーはエスプレッソ式の抽出でありながら濃さと苦さが抑えられて、元々ドリップコーヒー派の人にも好まれる味わいです。
香りとコクはしっかりのこっているので、飲みやすさとコーヒーらしさがうまく両立しています。

ドリップポッドはUCCが展開しているだけあって馴染みやすいドリップコーヒーの美味しさをしっかり引き出しています。
インスタントなんかの味とは比べものにならない美味しさ。
カフェで淹れてくれるコーヒーと比較しても遜色ないでしょう。

コーヒーの味が互角とすると、カプセルのバリエーションの多さです。
コーヒーカプセルの種類が多いドリップポッドですが、逆に言うとドリップポッドはコーヒーと紅茶しか淹れられません。

ドルチェグストのカプセルの種類

一方ドルチェグストはレギュラーコーヒーの他にエスプレッソ、それをベースとしたカフェオレやカプチーノ、子どもにも人気のチョコチーノや宇治抹茶ラテなど、カプセルを変えることでいろんなメニューを楽しめます。

そして極めつけは、マシンとカプセルの購入プランの差です。

ドルチェグストのマシンは人気機種のジェニオ2プレミアムやドロップで、おおよそ8,000円~10,000円。

ドリップポッドのマシンはおおよそ13,000円です。

普通に購入してもドルチェグストの方が安いのですが、後述するキャンペーンを利用するとドルチェグストはなんとマシン代無料で使えるのです!

ドリップポッドにもマシンがプレゼントされるサービスがありますが、ドルチェグストに比べるとやや割高感があります。

そしてコーヒーのカプセルに関してですが、

ドルチェグストはコーヒー一杯で約56円。

ドリップポッドはコーヒー一杯で約80円。

このようにランニングコストでも差が出てきます。

毎日飲むコーヒーだから、カプセルの価格は少しでも安いほうが嬉しいですよね。

マシン購入がお得になるキャンペーン

ドルチェグストとドリップポッド、どちらもこれからマシンを購入する方に向けたキャンペーンが展開されています。

ドルチェグストのカプセル定期お届け便

ドルチェグストのキャンペーンは、カプセルを定期購入することでマシン本体が無料でもらえる「定期お届け便」!

  • カプセルが毎月もしくは1か月おきに送料無料で自宅に届く
  • カプセルは通常価格の10OFF!
  • プレゼントされたマシンは最長で5年保証付き!

一度の配送でカプセルを6箱以上(1箱16カプセル入り)注文することが条件です。

家電量販店で買うと8,000円以上するマシン本体が無料になる、超お得なキャンペーンです!

▼ドルチェグストのカプセル定期便詳細はこちら

UCCドリップポッドの世界のコーヒーセット

ドリップポッドにもマシンとコーヒーカプセルがお得になる定期コースキャンペーンがあります。

専用コーヒーマシンDP1とUCC厳選のドリップポッドカプセル48杯で、一ヶ月3,900円!

コーヒーマシンDP1をすでにお持ちの場合はコーヒーポッドだけの定期コースだと一ヶ月2,900円で利用できます。

その世界のコーヒーお届け便定期購入が、2016年8月31日までの期間限定で、初回のみ1,980円です!

コーヒーマシンとコーヒー48杯でこの価格はお得ですよね!

※2ヶ月目以降は通常価格の3,900円/月になります。

▼UCCドリップポッドの世界のコーヒーお届け便詳細はこちら

ドルチェグストとドリップポッド、結局のところは、どちらを選んでも間違いのない高品質なコーヒーメーカーです。

簡単操作で美味しいコーヒーを淹れて楽しいコーヒータイムを!

今使ってるコーヒーメーカーが不便すぎる><ネスカフェドルチェグストに買い替えた方のレビュー

3ヶ月前に従来使っていたドリップ式のコーヒーメーカーからドルチェグストに買い替えたT様ご夫妻からレビューを頂きましたので紹介します!

一般的なコーヒーメーカードルチェグストジェニオ2プレミアム
私と主人、60代夫婦の2人暮らしです。
主人はカメラマンで日によって出かけていたり、家で事務作業を行っていたりします。
今までうちでは今まで朝に5杯分のコーヒーを沸かして朝食時に2人で飲み、残りを一日かけて主人と私が仕事の合間に飲んでいました。
ただ、ドリップコーヒーのコーヒーメーカーは淹れてすぐは美味しいのですがどうしても時間がたつと味が落ちてしまいます。
主人が急に出かける日はほとんど飲まれずに3杯ほどのコーヒーを捨てることもありました。
最近私たちも歳をとってコーヒーを飲む頻度が下がってきて、がぶがぶ飲むよりも一杯ずつ美味しいコーヒーを飲めたらなと思っていました。
そんなときに娘に教えてもらったのがドルチェグストでした。

ドルチェグストはカプセルを使って一杯ずつコーヒーを淹れるので、味が劣化せず、余ったコーヒーを捨てるようなこともありません。
日によって2杯だけとか5杯飲むとか量が変わってもその都度作る量を調整できます。
なにより今までのコーヒーメーカーと違って粉を処分したりフィルターを換える手間が無くなったのがとても楽です。

ドルチェグストにしてからはコーヒー以外にもいろいろなカプセルがあるので、お昼休みはミルクの入ったカプチーノや抹茶ラテを楽しんでいます。(主人はブラックコーヒーしか飲みませんが)

コーヒーメーカーは一度にたくさん作るのであれば便利ですが、少量ずつ美味しいコーヒーを飲みたい場合は絶対ドルチェグストの方が美味しくて簡単なのでおすすめです。

お子様が独立されてコーヒーを飲む量が減ったご家庭でドルチェグストを導入されるところが増えているようですね。

ドルチェグスト

ドルチェグストはコーヒーを淹れたあと、カプセルを捨ててカプセルホルダーをすすぐだけと、後片付けも簡単なので奥様はかなり楽になられたと思います。

もちろん味も普通のドリップコーヒーよりも香り豊かでコクあがあるので満足されていることでしょう。

今回レビューを頂いたT様ご夫妻は娘さんからドルチェグストのマシン ジェニオ2プレミアムをプレゼントされたそうですが、これからドルチェグストを購入される方には「カプセル定期お届け便」がおすすめです。

ドルチェグストのマシンが無料のキャンペーン

これはカプセルを定期購入する事で、通常8,000円以上するドルチェグストのマシン本体が無料でもらえるというサービス。

カプセルは1ヶ月おきに最低6箱(16カプセル入り)を購入する必要があるので、一日あたり1〜2杯のコーヒーを飲む方であればこのカプセル定期便が断然お得です。

しかも、定期便であればカプセルを常に通常の10%OFFで購入できます。

T様ご夫妻も毎朝2杯分コーヒーを作っておられるようなので、新たにカプセル定期便を申し込んでもお得になるはずです!

▼マシンが無料でもらえる定期便の詳細はこちら▼