父の日にプレゼントしたいコーヒーメーカー4選!ドルチェグストやバリスタがおすすめ!

父の日のプレゼントに喜ばれるのはどれ?

2018年の父の日は何日かご存知ですか?

父の日は第三日曜日なので、今年は6月17日になります。

 

コーヒーメーカーは父の日のプレゼントの定番商品。

作る手間がかからないので、毎日コーヒーを飲むご家庭なら、お父さんはもちろん、お母さんもきっと喜ばれるはずです。

 

今回は父の日のプレゼントにおすすめのコーヒーメーカーを4つご紹介します!

味?手軽さ?コスパ?お父さんにピッタリのコーヒーメーカー選び方のポイント

父の日にコーヒーメーカーをあげよう!

と思っても、コーヒーメーカーってたくさんの種類があります。

機能もいろいろあって、どれを選べば良いのか一般の方には結構難しいと思います。

 

コーヒーメーカー選びで重要なのは「お父さんのコーヒーへのこだわり度」。

つまり味、手軽さ、豆の安さなど、どの点を重視するか?です。

 

例えば、ものすごく美味しいコーヒーが作れるマシンでも、準備や片づけに手間がかかってしまうなら使われなくなってしまうかもしれません。

逆にいくら手軽でも味がイマイチでは飲む気にならないですよね。

 

ではここからは4つの特徴が異なるコーヒーメーカーを紹介していきます。

とにかく簡単に作れるネスカフェバリスタi

ネスカフェバリスタは日本で最も販売台数の多い家庭用コーヒーメーカーです。

バリスタi の特徴は、とにかく手軽にコーヒーが淹れられること。

 

レギュラーソリュブルコーヒー(インスタントコーヒー)をセットしておけば、ボタン2つ押すだけで、たった30秒で香り豊かなコーヒーを作ってくれます。

それもただインスタントコーヒーをお湯で溶かしたものではなく、クレマ(泡)の乗った本格的なコーヒーに仕上げてくれます。

 

インスタントコーヒーなので毎日のコストが安く、一杯20円〜。

マシン本体も5,000円ぐらいなので父の日のプレゼントに最適です。

コーヒー粉の種類は、定番のネスカフェゴールドブレンドの他に、香味焙煎やネスカフェあプレジデント、カフェインレスなども選べます。

 

バリスタiのデメリットは、元がインスタントコーヒーなので味はやはりすこしインスタントっぽさを感じます。

⇒ネスカフェバリスタi公式サイトはこちら

豆からドリップコーヒーを作りたいならパナソニックNC-A56

とにかく味にこだわりたい方や、お気に入りのコーヒー豆があるお父さんにはNC-A56がおすすめです。

NC-A56は豆を挽くところから、ドリップ、ミルの洗浄までを全自動でやってくれるコーヒーメーカー。

豆から淹れられるマシンは他にもいろいろありますが、NC-A56は豆の挽き具合を選んだり、水のカルキ抜きをしてくれるので美味しいドリップコーヒーに仕上がります。

コーヒー一杯あたりのコストは、選ぶ豆によるのですが20円くらい〜でしょうか。

 

NC-A56のデメリットは、豆を測ったり、フィルターを交換したり、準備や後片付けにちょっと手間がかかること。

あとマシン自体の値段も高め(23,000円ぐらい)です。

でもコーヒーはとても美味しいので時間にゆとりがあってマメなお父さんなら喜ばれると思います。

⇒パナソニックNC-A56公式サイトはこちら

手軽な操作でドリップコーヒーを楽しめるUCCドリップポッド

ドリップポッドは専用のカプセルを使ってコーヒーを抽出するカプセル式コーヒーマシンです。

カプセルの中には挽きたての新鮮なコーヒー豆が詰まっていて、いつでも美味しいドリップコーヒーを楽しむことができます。

カフェのエスプレッソタイプよりも喫茶店で飲むようなドリップコーヒーの方が好きなお父さんに人気のマシンです。

 

機械も豆もUCCが提供しており、専用カプセルの豆の種類は定番からプレミアムまで15種類以上から選ぶことができます。

一杯あたりの値段は、定番カプセルなら約60円〜、プレミアム豆だと一杯でなんと2,000円するものもあります。

 

今なら48杯分3,900円が初月1,900円になる、カプセル定期便のキャンペーンが開催されています。

⇒UCCドリップポッド定期便公式サイトはこちら


美味しいコーヒーだけでなく10種類以上のドリンクが楽しめるドルチェグスト

ネスカフェドルチェグストはUCCドリップポッドと同じくカプセル式のコーヒーマシンです。

ドリップポッドがドリップコーヒーなのに対して、ドルチェグストはカフェなどでよく使われているエスプレッソタイプのマシンになります。

エスプレッソタイプといっても、お湯を多めに使って抽出するレギュラーコーヒーが作れるので毎日のコーヒーにも最適です。

 

ドルチェグストのおすすめポイントは、5種類以上のブラックコーヒーの他に、カフェラテやカプチーノ、さらに抹茶ラテやチョコチーノ(ホットココア)まで作れてしまうこと。

最近では本格宇治抹茶 も人気が高まっています。

 

また、操作も簡単で、カプセルをセットしてレバーを倒すだけ。

後片付けはカプセルホルダーをすすぐだけでOKです。

 

費用は一杯あたり約60円〜。ミルクを使うドリンクでも約120円で作れるので、カフェに行くよりずっと安く本格カフェメニューを楽しめます。

 

デメリットは、コーヒー抽出時の音が少し大きめなことでしょうか。でもたった30秒なのでそれほど気にならないと思います。

⇒【ネスレ公式】ドルチェグストが無料で使える!定期便はこちら

毎日使うものだから、コーヒー定期便のプレゼントもおすすめ!

ここまでおすすめのコーヒーメーカーを紹介してきましたが、マシンによってはコーヒーを定期便で利用することができます。

 

コーヒー定期便が使えるコーヒーメーカーはネスカフェ バリスタiとドルチェグスト。

どちらも定期便の特別価格になるので、お店で買うよりもお得にコーヒー豆を購入できます。

 

コーヒー定期便の最大のメリットは、マシンを無料レンタルして使えること。

プレゼントは「機械ではなく毎日の美味しいコーヒー」と考えれば、マシンを買ってあげるよりもコーヒー豆やカプセルが定期的に届くほうが嬉しいはず。

コーヒーメーカーを買ったらどちらにせよ豆は必要ですしね。

 

ちなみに定期便のレンタルマシンは、不要になったらメーカーに返却すればOK。

定期便利用中はマシンのトラブルのサポートも受ける事ができるので安心です。

⇒バリスタiが無料で使える!定期便はこちら


⇒ドルチェグストが無料で使える!定期便はこちら


マシンが無料で使えるバリスタアイ定期便の解約方法

2017/7/10更新
インスタントコーヒーが究極に美味しくなるバリスタアイ

2016年10月に発売されたネスレの新商品 ネスカフェバリスタi[アイ]。うちに来てからついついコーヒーを飲みすぎてしまいます。

 

新発売キャンペーンとして開催されている、コーヒーカートリッジ定期便を利用するとバリスタアイのマシン本体を無料レンタルして使えるというめちゃくちゃお得なキャンペーンが大人気です。

定期便は「毎月」〜「3ヶ月に一度」の配送から選ぶことができ、ランニングコストも一度の配送あたり558円+送料だけで利用できるので、一度使い始めると継続率がかなり高いそうです。

 

でもいくら人気のキャンペーンとはいえ、申し込みの前に「もし使わなくなってしまったときの解約方法」を知っておきたいですよね。

と言うことで今回はバリスタアイ定期便の解約方法を説明します。

この記事は個人向けの「バリスタアイ定期便」の解約方法を解説しています。

会社・店舗向けのネスカフェアンバサダーの解約方法は下記の記事をご覧ください。

⇒ネスカフェアンバサダーをやめたい時ってどうすればいいの?解約とマシンの返却方法

⇒【ネスレ公式】マシンが無料で使えるバリスタアイキャンペーンはこちら!

バリスタアイ定期お届け便とは

まずは「バリスタアイ定期お届け便(以下定期便)」がどんなの物なのか簡単に説明します。

バリスタiが無料でもらえるコーヒーカートリッジ定期便

ネスカフェゴールドブレンド バリスタi[アイ]定期便とは、バリスタ専用のコーヒーカートリッジであるエコ&システムパックを定期購入することで、通常7,980円するバリスタアイのマシンを無料レンタルできるサービスです。

つまりコーヒー代だけで、バリスタアイが無料で使えてしまうということ!

しかも定期便で購入できるコーヒーは通常価格の10%OFF。市場最安レベルで購入できてしまいます。

レンタルといってもマシンは新品の物が届くので安心。定期便の契約期間中は万一マシンが故障しても無償修理が受けられます!

コーヒーメーカーといえばふつうは冬にたくさん売れるのですが、実はバリスタiは氷を使えばアイスコーヒーも作ることができるので夏でも結構人気があるんです。

バリスタiのアイスコーヒー

バリスタアイ定期便のメリット

  • マシンが無料で使える
  • 6種類のコーヒーを10%OFFで購入できる
  • 一度の配送で4,000円以上購入すれば送料無料
  • 定期便利用中はマシンが故障しても無償修理
  • コーヒーの組み合わせや数量、配送時期はWebサイトから変更可能
  • 解約しても解約金・違約金はなし

⇒マシンが無料で使える定期便キャンペーンについてもっと詳しく

バリスタアイの定期便を解約する方法

定期便を解約する方法は簡単です。

  1. ネスレに電話して解約したい旨を伝える
  2. 無料レンタルしていたマシンを返送する

この2ステップだけです。

まずはネスレに電話して解約したい旨を伝えます。特に引き止めなどはされないので、安心して電話してください。

次回お届け予定日の10日前までに電話しましょう。

ネスレ通販コールセンター 0120-600-868
(受付時間 24時間 無休)

解約を伝えたら、レンタルしているマシンの返送方法を案内されるので、それに従ってバリスタアイを梱包・返送します。返送料はユーザーが負担することになります。

定期便解約の条件・注意点

バリスタアイ定期便の利用条件は「最低3回、定期購入する」ということだけ。定期便の配送は毎月〜なので、最低3か月定期購入を続けば解約が可能になります。

もし「2か月毎」「3か月毎」の配送コースで申し込んでいる場合は、Webサイトのマイページから配送日を早めて、毎月届くように変更すれば最低3か月で解約が可能です。

解約は手持ちのコーヒーを飲みきってから

解約の手続きを行うとマシンをネスレに返送しないといけません。

つまり今手元にあるコーヒー(エコ&システムパック)は使い切ってから解約した方がいいということです。

Webサイトのマイページから次回配送の日程を変更して、全部のコーヒーを使い切ってから解約しましょう。

▼ネスカフェマイページの「定期お届け便のご注文内容確認・変更」から
バリスタアイ定期便の変更方法

定期配送をお休み(スキップ)することもできる

定期お届け便で購入してたけど、送られてきたコーヒーが溜まりすぎて困ってる!と言う方は、解約ではなく定期配送を一回お休みするという方法がおすすめ。

定期配送のお休みはマイページから申請できます。

解約するとマシンを返却する必要があるので、注文量や配送日の調整してコーヒーが溜まりすぎないようにしましょう。

なお、バリスタアイ用のゴールドブレンド「エコ&システムパック」は賞味期限が10か月ほどあるので、3箱ぐらいぐらいであれば手元に溜まっても問題ないと思います。

バリスタアイで使えるエコ&システムパック

バリスタアイ定期便の解約方法まとめ

今回はバリスタアイ定期お届け便の解約方法をお伝えしました。

主な注意点は「最低3回の継続が必要」ということだけ。

3回だけの配送ならゴールドブレンド3箱1,674円+送料3回分1,350円
つまり3,024円からバリスタアイ定期便を利用することができます。

もしバリスタアイが気に入らなくても大した出費にならないのでほとんどリスクなしに申し込めるのが嬉しいですよね。

僕も定期便を使ってバリスタiで毎日コーヒーを飲んでいます。

お得で便利なバリスタアイ定期便、おすすめですよ!

⇒買う前に読んで!ネスカフェ新製品バリスタアイの口コミ・評判の記事はこちら

⇒マシンが無料で使える定期便キャンペーンの記事はこちら

⇒バリスタiが無料で使える!定期便キャンペーンの申し込み方法の記事はこちら

⇒【ネスレ公式】マシンが無料で使えるバリスタアイキャンペーンはこちら!

バリスタ50、バリスタi[アイ]と旧型バリスタどれがいい?違いと金額を比較!

2017/12/10更新
バリスタは新型か旧型どっちを買うべき?

日本一売れているネスカフェのコーヒーメーカー、最新型のバリスタ50[Fifty]と、バリスタi[アイ]、そして旧型のバリスタPM9631、どれを買うべきか悩んでいませんか?

旧型の方が値引きでちょっと安くなってたりして余計に迷いますよね。

結論から言うと、今買うならバリスタiが一番おすすめです!

今回は3機種を比較しながら、なぜバリスタiがいいのかご説明します!

バリスタアイで作ったホットコーヒー

ちなみに僕自身は去年(2016年)の10月にバリスタアイを定期便で購入し、今年の10月に実家用にバリスタ50も追加で購入したヘビーユーザーです。

バリスタ50を買ったものの、やっぱり定期便のバリスタi で十分だったなという実体験を踏まえてご紹介したいと思います。


バリスタシリーズのラインアップ

インスタントコーヒーのネスカフェゴールドブレンドを圧力をかけて抽出することで最高に美味しく作れるネスカフェバリスタ。

電源を入れてからたった30秒で抽出できるので、電気ケトルでお湯を沸かして作るよりもずっと手軽にコーヒーが飲めると大人気です。

そんなバリスタには現在、3種類のモデルがあります。

  • バリスタPM9631(以下旧バリスタ)
  • バリスタi[アイ](以下バリスタアイ)
  • バリスタ50[Fifty](以下バリスタ50)

の3つです。

以前は「バリスタTAMA」という旧型バリスタPM9631とバリスタiの間のモデルも販売されていたのですが、現在は販売終了しています。

旧型バリスタ、バリスタi、バリスタ50の比較

マシンは3種類ありますが、どれも同じネスカフェゴールドブレンドのエコ&システムパックを使うので、どのマシンも味は変わりません。

バリスタアイで使えるエコ&システムパック

2016年10月に発売されたバリスタiは、ボディーが旧モデルよりも丸みをおびた形になり、水タンクの容量が増えました。

さらにスマホとつながるBluetooth機能を搭載して、アプリを使ってコーヒーを作れるようになりました。

 

2017年10月にはネスカフェゴールドブレンド50周年記念モデルとしてバリスタ50[Fifty]が登場。

バリスタ50はバリスタiの機能をベースに、よりスリムでコンパクトなデザインになりました。

その他にバリスタ50はボタンが大きくなったり、カフェラテのレシピがマイナーチェンジされたりと細かな進化を遂げています。

バリスタi、バリスタ50と旧型バリスタの違い

バリスタi、バリスタ50と旧バリスタの一番大きな違いは、スマートフォンとの連携です。

最近家電製品をインターネットに接続するIoTという技術が話題ですが、バリスタ50やバリスタiもそのひとつ。

でも「スマホとコーヒーメーカーを連携させて何ができるの?」って思いますよね。

これが使ってみると結構便利なんです!

濃さや泡立ちを自由にアレンジ

バリスタはインスタントコーヒーに圧力をかけながら抽出することで、より深みのあるクレマのたったコーヒーに仕上げる機械です。

そのときのコーヒーの量や水の量、泡立ちを専用アプリから細かく調整してあなた好みのコーヒーを作る事ができます。

コーヒーの濃さをカスタマイズできる

カスタマイズしたメニューをアプリに登録しておくこともできるので、職場のバリスタi/50でも自分仕様のコーヒーを手軽に楽しむ事ができるようになっています。

私は濃いめのコーヒーが好きで、仕事中はマグでたっぷり飲みたいのでコーヒーの量・水の量ともに多めで抽出しています!

飲むほどにポイント貯まる

バリスタi/50でネスカフェアプリを使ってコーヒーを飲んだり、ネスカフェの楽しめるお店に訪問すると、ネスカフェアプリにポイントが貯まります。

貯めたポイントは魅力的なプレゼントと交換できるポイントプログラムが用意されています!

家族や友達とつながる

ネスカフェアプリは友達や家族の登録が可能。登録した人が、バリスタアイを使っていつコーヒーを飲んだのかがわかるようになります。

ささいなことですが遠くに住む家族が毎朝コーヒーを飲んでいるのがわかるのは安心ですよね。

目覚ましなどの便利機能

これが私にとっていちばん使える!と思った機能。

スマホの目覚まし(アラーム)と連携してコーヒーを淹れてくれます。

朝起きてすぐ目覚ましにコーヒーを飲む人は多いでしょう。

でもコーヒーマシンの立ち上げに時間がかかるのでついついそのまま二度寝してしまったりしますよね。

バリスタi/50はネスカフェアプリからコーヒーの抽出時間をセットすることが可能。

毎朝スマホが鳴ったら淹れたてのコーヒーができているというとても便利な機能です!

バリスタi/50と旧バリスタその他の違い

他にもいくつかバリスタi、バリスタ50、旧バリスタには違いがあります。

たとえば背面の水タンク容量が大きくなって一度の給水で作れるコーヒーの杯数が多くなっていたり、コーヒータンクが透明になったことでコーヒーの残量が一目でわかるようになったりしています。

バリスタiは操作部分もタッチパネル式になり、ボタン周りが汚れてもさっと拭き取るだけになりました。※バリスタ50はプッシュ式ボタン

タッチパネルのエスプレッソボタンで抽出

マシン本体だけなら旧型バリスタが安い

マシン本体の販売価格は、バリスタ50やバリスタiよりも旧バリスタの方が値引きによって安いです

ネスレ公式サイトの販売価格

旧バリスタ・・・5,980円
バリスタi・・・5,980円
バリスタ50・・・8,980円

Amazonの最安値価格

旧バリスタ・・・3,800円
バリスタi・・・7,000円
バリスタ50・・・7,261円

このとおり、金額は旧バリスタの方が安くなっています。

 

スマートフォンと連携させないのなら旧バリスタの方がお得なのかな?と思いますよね。

または、せっかく買うなら最新型のバリスタ50がいいかな?と思いますよね。

 

でも僕は新型のバリスタアイをおすすめします。

なぜなら、バリスタアイにはマシンを無料で使える期間限定のキャンペーンがあるからです。

今買うなら、本体無料キャンペーンのあるバリスタiがおすすめ!

バリスタを使おうと思ったら、バリスタのマシン本体と、インスタントコーヒーの「エコ&システムパック」というコーヒーカートリッジを購入します。

それが今なら、エコ&システムパックを定期購入すればバリスタiのマシンが無料でレンタル利用できるキャンペーンが開催されているのです!

バリスタiが無料でもらえるコーヒーカートリッジ定期便

つまりコーヒー代だけで、通常5,000円以上するバリスタiをタダで使うことができるんです!

レンタルとはいえ、分解メンテナンスされた新品のマシンが届くので清潔で安心です。

定期便は毎月お届けコース、2ヶ月ごとにお届けコース、3ヶ月ごとにお届けコースから選ぶことができます。

一回あたりのコーヒー購入の最低量の制限はない上に、解約しても違約金がかからないので「やっぱり使わないかも」と感じたら解約すればOK!
(最低3回は定期購入が必要です)

はっきり言ってデメリットのほとんど無い、かなりお得なキャンペーンです。

実は僕自身もこのマシンが無料で使えるキャンペーンでバリスタiを利用しています

バリスタ50もバリスタiも実質機能はほとど変わらないので、マシンが無料のバリスタiの方が断然お得ですね。

バリスタアイ定期便の申し込み方法

バリスタアイの定期便はネスレ公式のキャンペーンページから申し込みできます。

下記のキャンペーンページにアクセスして、バリスタアイのレッド・ホワイトの好きな色をえらび、プランのボタンをクリックします。

⇒【ネスレ公式】マシンが無料で使えるバリスタアイ定期便

あとは画面の表示に従って、初回お届けのコーヒーや(定期便は1つからお届けOK!)送付先の住所、お支払い情報を入力するだけ。5分~10分ほどで申し込みが完了します。

支払い方法はクレジットカードにのみ対応しているので事前に手元にカードを用意しておきましょう。

⇒マシンが無料で使えるバリスタアイ定期便の申し込みはこちら


詳しい申し込み方法は別の記事を用意しましたので、途中で申し込み方がわからなくなった・・・という方はこちらをご覧ください。

⇒バリスタiが無料で使える!定期便キャンペーンの申し込み方法

申し込む前に!バリスタアイの定期便が本当にお得なのか比較してみた

2018.1.28更新
バリスタアイ定期便って本当にお得なのか?

2016年10月に発売されたバリスタアイ、なんと発売からたった2か月で出荷台数10万台を突破したそうです!コーヒーメーカー市場ではものすごい売れ行きです。

50周年記念モデルのバリスタ50[Fifty]が登場してからも、バリスタシリーズのメインマシンとして人気は衰えていません。

そんなバリスタアイが無料で使えると評判になっているのが、ネスレのコーヒーカートリッジ定期お届け便

一般家庭・個人用には「ラクらく定期お届け便」、企業や法人、グループでの利用には「ネスカフェアンバサダー」というプランが用意されています。

⇒企業・事務所・店舗向けネスカフェアンバサダーはこちらの記事で

でも気になるのが、
「コーヒー定期便を使った方が本当にお得なの?」ということですよね。

そこで今回は普通にマシンやコーヒーを購入したときと、一般家庭向け定期便を利用したときの料金・ランニングコストを徹底比較してみました!

皆さんがマシンを購入するときの参考になれば幸いです。


マシンが無料で使えるコーヒー定期便

バリスタアイのコーヒー定期便は専用のインスタントコーヒーである「エコ&システムパック」を定期購入することで、新品のバリスタアイマシン本体を無料レンタルして使用できるというもの。

バリスタiが無料でもらえる定期便

つまりコーヒー代だけで最新機種のバリスタアイが使えるんです。

実は僕自身もこの定期便を利用してバリスタアイを使っています。

バリスタアイで作るカフェラテ

バリスタアイ本体はレンタルの扱いにはなりますが、コーヒーを定期購入している限りはずっと使用できます。

さらに定期便の「エコ&システムパック」の価格はスーパーやドラッグストアよりも安い割引設定になっているので、ランニングコストもお得なんです。

実際に料金シミュレーションしてみた

一般的な組み合わせで本当に得なのかどうか検証してみようと思います。

現実的な金額で比較するため、マシンは定価ではなく家電量販店で購入、エコ&システムパックのコーヒーはAmazonで購入することにします。

バリスタアイで使えるエコ&システムパック

条件は家族で利用して1日に4杯の「ネスカフェゴールドブレンド」を飲み、1年間の料金を比較します。

1日4杯ということは1か月で120杯。1年に換算すると約1440杯になります。

ネスカフェゴールドブレンドエコ&システムパック110gは、1本で約55杯のコーヒーを作ることができるので、

1440杯(1年に飲む量)÷55杯(1本で作れる量)=26本

単純計算で年間約26本のエコ&システムパックを購入するということになります。

1年間にコーヒーを飲む量

では、普通に購入した場合と定期便で購入した場合で費用を比較してみます。

マシンとコーヒーを普通に購入した場合

まずバリスタアイ本体は家電量販店(ヨドバシカメラ)で購入することにします。店頭で確認した価格は9,050円。

マシン本体は結構高いですね!

量販店のバリスタアイは高い

そしてゴールドブレンドエコ&システムパックはアマゾンで購入しましょう。アマゾンはしばしば価格が変動しますが、今日は782円でした。

アマゾンのゴールドブレンド金額

本来はコーヒーが無くなるごとに購入すると思いますが今回は一気に買ったことにして26個で20,332円です。

1年間の合計金額は・・・

マシン本体 9,050円 + ゴールドブレンド 20,332円 = 29,382円 になりました。

バリスタアイとコーヒーを普通に購入すると

定期便で購入した場合

続いて、ネスレのコーヒーカートリッジお届け便で購入した場合はいくらになるのでしょうか?

定期お届け便を利用すると、家電量販店で購入すると9,050円のバリスタアイ本体を、なんと0円で利用することができます。

これは購入ではなくレンタルという形式です。

無料レンタルできるネスカフェバリスタ

そしてゴールドブレンドエコ&システムパック110gの金額は定期便特価で768円。

アマゾンで買うよりも14円安いですね。かかる金額はこのコーヒー代だけなので、これを1年間だと26個で19,968円です。

ちなみに、定期便は通常450円の配送料がかりますが、一度の配送で4,000円以上を購入すると送料無料になります。

定期便は最大4ヶ月に一度の配送プランを選べるので、今回の場合4ヶ月に一度、6本を購入することで4,608円となり送料は無料になります。

ではかかる料金を計算してみましょう。

マシン本体 0円レンタル + ゴールドブレンド 19,968円 = 19,968円

定期便でバリスタアイを利用すると

1年間にかかったマシン・コーヒー代をまとめると、

普通に購入(家電量販店) 29,382円

定期便で購入 19,968円

なんと、全く同じ量のコーヒーを飲んでいるのに、定期便を利用すると一年間のコーヒー代が普通に購入した場合の3分の2の料金になりました。

金額にすると約1万円も得したことになります!定期便のコスパは最強ですね。

さらに、定期便で使っているバリスタアイのマシン本体は、定期便利用中であればずっと無料修理保証期間になります。

なので突発的な故障による修理代もかからないんです。

バリスタアイ定期便の申し込み方法

お得なバリスタi定期便プランはネットの公式キャンペーンページから申し込みが可能です。

⇒バリスタアイが無料で使える定期便キャンペーン公式サイトはこちら

バリスタiが無料レンタルできる定期便

スクロールしていくと「マシンレンタルはこちら」の文字が出てきます。

毎月コース〜3か月ごとコースの中から選びましょう。

定期便の配送期間を選ぶ

あとは画面の流れに従って、初回お届けコーヒーの種類を選んだり、ネスカフェ会員の会員登録をします。

支払い方法は手数料がいらないクレジットカードがおすすめです。

定期便でかかる費用はコーヒー代だけ。マシンは無料です。

普通にコーヒーを買うより安くなるので、バリスタを使うなら家電量販店で買うよりも絶対定期便にするべきです。

⇒バリスタアイが無料で使える定期便キャンペーン公式サイトはこちら 私も定期便でバリスタアイを使っているので興味がある方は他のページもご覧ください。 ⇒【新製品】ネスカフェバリスタアイが無料で使える定期便キャンペーン!の記事はこちら ⇒買う前に読んで!ネスカフェ新製品バリスタアイの口コミ・評判の記事はこちら ⇒バリスタiが無料で使える!定期便キャンペーンの申し込み方法 の記事はこちら ⇒バリスタアイで使えるコーヒーはどれがおいしいか飲み比べてみた!エコ&システムパック全種類のレビュー