ずばりドルチェグストってどうなの?使い方、レビュー・評判まとめ

2017/12/16更新

ネスカフェのコーヒーメーカー「ドルチェグスト」ってよく聞くけど、そんなに便利なの?美味しいコーヒーが作れるの?
と質問されることが結構あります。

 

僕は今までにドルチェグストを2台買い換えて通算約4年使用してきたので

  • ドルチェグストとはどんなマシンなのか
  • コーヒーの味は本当に美味しいのか
  • 使っているみんなの評判と口コミ
  • 一番お得に購入する方法とは

をどどんと紹介しようと思います!

最初にはっきり言っておきますね。

ドルチェグストは今までのコーヒーメーカーの常識を覆します。

それぐらい使い方が簡単で美味しいんですよ。

ちなみに僕自身は学生時代にカフェでバリスタとして働いていたこともあるぐらい大のコーヒー好きです。美味しいコーヒーを入れるには多少手間をかけることが欠かせないとずっと思ってきました。

いや、そりゃぶっちゃけ僕が自分で淹れるコーヒーの方が美味しいですよ?元カフェ店員ですから。でも自分で作ると準備含めて10分くらいはかかります。

ドルチェグストは結構美味しいカフェレベルのコーヒーがほんの1分でが作れて、後片付けも一瞬で完了してしまうことに大きな魅力があるんです。

自分で淹れるコーヒーの味を100点とするならば、ドルチェグストは80点ぐらいでしょうか。ちなみにスタバは85点です。

⇒ドルチェグストが無料で使える!定期便はこちら


そもそもドルチェグストってどんなコーヒーメーカー?

ネスカフェのCMでよく見かけるドルチェグスト。まずはドルチェグストってどんな物なのかご説明します!

ドルチェグストは日本国内だけで累計200万台も販売された、日本一(もしかしたら世界一かも)売れているコーヒーメーカーシリーズです。

ドルチェグストは「超簡単操作の新世代コーヒーメーカー」

従来のコーヒーメーカーは挽いたコーヒー豆をセットし、お湯を通して抽出するものが主流でした。でも挽いた豆は保存しておくとどんどん酸化して鮮度が落ちてしまいます。

豆を挽くところからマシンでできる全自動タイプの物もありますが、価格が2万円以上して高額な上、どうしても分解掃除の手間がかかりました。

↓僕も持ってますが、こういうタイプのマシンです。
パナソニックコーヒーメーカーNC-A56

一般的なコーヒーメーカーのデメリットは主に3つあります

  • コーヒー豆や粉の鮮度が落ちていく
  • 飲む前のセットの手間、飲んだ後の分解掃除の手間がかかる
  • 当たり前だがコーヒーしか作れない

それらのコーヒーメーカーのデメリットを覆したのが、カプセルを使ったネスカフェのドルチェグストなんです。

 

ドルチェグストは挽きたてのコーヒー豆を密封した専用のカプセルを使って、一杯ずつコーヒーを抽出します。一杯ずつカプセルを使うのでコーヒー豆の鮮度が落ちず、粉で手が汚れることもありません。

ドルチェグストのカプセルの構造

従来のコーヒーメーカーが、豆を挽いて、フィルターをセットして、余熱(お湯を沸かして)という手順で3~5分かかっていたのに対して、ドルチェグストはカプセルをセットしてレバーを倒す簡単操作でたった1分でコーヒーができあがります。

 

ドルチェグストはネットの口コミでも評判が高く、雑誌の特集でもよく取り上げられており、日本だけでなく世界中で販売台数をどんどん伸ばしています。

ドルチェグストとネスプレッソ

同じカプセル式コーヒーメーカーに「ネスプレッソ」という物があります。ドルチェグストと同じくネスレが販売しているカプセル式のコーヒーメーカーで、ネスプレッソはその名の通りエスプレッソマシン専用のマシンです。

ドルチェグストとネスプレッソのカプセルは別物で、互換性はありません。

ハリウッドスターのジョージクルーニーがCMのキャラクターを努めていることからわかるとおり、ドルチェグストよりも高級路線のシリーズです。スーパーやコンビニでもカプセルが売っているドルチェグストに対して、ネスプレッソは百貨店などでしかカプセルを取り扱っていません。

ドルチェグストとネスプレッソ

この2つの違いをざっくりと言えば、一杯あたりのコストが安くて色々なドリンクを楽しみたい人にはドルチェグストがおすすめ。エスプレッソに強いこだわりがあって、いろんな種類のエスプレッソを飲みたい高級志向の人はネスプレッソがおすすめです。

ドルチェグストの特徴

  • カプセル式で操作も片付けも簡単
  • 一杯あたり約50円から
  • カプセルを変えれば14種類以上のドリンクが楽しめる
  • マシンの価格は 5,000円くらいから

ネスプレッソの特徴

  • カプセル式で操作も片付けも簡単
  • 一杯あたり約70円から
  • エスプレッソ専用のマシン
  • マシンの価格は大体10,000円くらいから

ドルチェグストとUCCドリップポッド

ドルチェグストの大成功を受けて、UCC上島珈琲もカプセル式のコーヒーメーカーを販売しています。

気圧をかけてコーヒーを抽出するタイプのマシンドルチェグストに対してUCCのドリップポッドは気圧をかけず完全にドリップコーヒーのマシンになっています。

ドリップポッドはドリップコーヒー専用のマシンで、数十種類のコーヒー豆から選ぶことができます。ドルチェグストと異なり様々な種類のドリンクが作れない代わりに、ドリップコーヒーに特化したマシンです。

コーヒーの味はUCCが作ってるだけあって美味しいです。

ネックはドリンクの種類が少ないことと、ドルチェグストに比べてカプセルを購入できる店舗が少ないことでしょうか。

ちなみにUCCのドリップポッドのマシンもコーヒー定期便を使うとマシンを割安で入手できるキャンペーンを行なっているので、気になる方は下記の記事をご覧ください。

⇒ドルチェグストとUCCドリップポッドの比較記事はこちら

ドルチェグストの使い方

ドルチェグストの使い方はとても簡単です。一番ポピュラーなジェニオ2プレミアムで説明していきましょう。オートストップ機能付きマシンであれば基本的な操作方法はどのマシンもほとんど一緒です。

まずはマシンの電源をON。余熱が終わるまで30秒ほどかかります。

ドルチェグストのマシンの電源を入れる

余熱の間にカプセルをセットしましょう。今回はエスプレッソインテンソを作ります。カプセルホルダーを引き出してカプセルを入れ、マシンの中に戻します。

このときにカプセルの蓋に書かれたお湯の量を確かめておきましょう。エスプレッソインテンソの場合は目盛り2つです。

カプセルホルダーにカプセルをセットする

マシンのレバーを操作して、湯量目盛りが2になるように調節します。最初は蓋に書かれた湯量で飲んでみるのがおすすめですが、慣れてきたら自分の好みの濃さに変えてもOKです。

 

マシンの余熱が終わったら電源ボタンのランプが赤から緑に変わります。あとはレバーを倒してお湯を出してコーヒーを抽出するだけです。

ドルチェグストで本格的なエスプレッソ

クレマ(泡)がたっぷり乗った本格的なエスプレッソができあがりました。

今回はデミタスカップでエスプレッソを作ってみましたが、他のカプセルを使えばマグカップサイズのレギュラーコーヒーを淹れることももちろん可能です。

カプチーノやティーラテのようなミルク系のメニューの場合は、コーヒーとミルクカプセルの2つのカプセルを使用します。

カプチーノなどはコーヒーとミルク2つのカプセルを使用する

ドルチェグストで作れるドリンク

ドルチェグストは 14種類以上のドリンクが簡単に作れる!と言いましたが、一体どんなドリンクが楽しめるのでしょうか?

季節や時期によってカプセルの種類は変わるのですが、オリジナルブレンドやレギュラーブレンドなどポピュラーな商品はずっと販売されています。

ドルチェグストのメニュー一覧

マグサイズコーヒー系メニュー

  • オリジナルブレンド
  • モカブレンド
  • リッチブレンド
  • カフェオレ

こだわりブラックコーヒーメニュー

  • スペシャリティーコーヒールワンダ
  • レギュラーブレンド(ルンゴ)
  • ローストブレンド(ルンゴインテンソ)
  • レギュラーブレンド(カフェインレス)
  • アイスコーヒーブレンド
  • エスプレッソ
  • エスプレッソインテンソ

バラエティドリンクメニュー

  • カプチーノ
  • ラテマキアート
  • ソイラテ
  • ティーラテ
  • 宇治抹茶ラテ
  • 宇治抹茶
  • チョコチーノ

ドルチェグストのマシンの種類

ドルチェグストには現在5種類のマシンがあります。その中でダントツ一番人気のマシンがジェニオ2プレミアムです。

ネスカフェアンバサダーのドルチェグスト

人気の秘密はオートストップ機能付きのマシンであること、使いやすくベーシックなマシンの形と、コンパクトなのに大容量タンクを搭載していることです。

その次に人気なのがドロップという機種。こちらは先進的でスタイリッシュなデザインが特徴。ボディサイズがやや大きく、タンクサイズは少し小さいので機能性ではジェニオ2プレミアムに劣りますが、操作部分がタッチパネルになっていてとてもスタイリッシュです。

おすすめの機種を一覧表にするとこんな感じ。

ドルチェグストはオートストップ型がおすすめ

ジェニオ2プレミアムはマシンを無料レンタルできるカプセル定期便で使うことができます。

⇒ドルチェグストが無料で使える!定期便はこちら


ドルチェグストとバリスタの比較

ネスカフェドルチェグストと混同されやすいマシンに、ネスカフェバリスタというものがあります。Yahoo知恵袋や口コミでもよく「どっちが美味しいのか?」という質問が飛び交っています。

まず違いとしては、ドルチェグストは一杯ずつカプセルを使用するカプセル式コーヒーマシンバリスタの方はインスタントコーヒー(ネスカフェゴールドブレンド)を美味しく抽出するためのコーヒーマシンです。

バリスタはインスタントコーヒーを使うのでコストが安く、一杯あたり約20円からコーヒーを楽しむことができます。ただ、味ではやはり挽きたての豆を密封したドルチェグストの方が数段上です。

口コミサイトやTwitterでのドルチェグストの評判

大人気のドルチェグストはネット上に大量の口コミが寄せられています。それをまとめてご紹介します。

某口コミサイトでの評判

田舎の両親にプレゼントしました。
自分でドリップでコーヒー落とすと湯沸かし時間含めて15分くらいかかりますがこれならたった30秒です。 来客が多い年末年始にフル活用で大変重宝しました。
コーヒーだけでなく色々種類のドリンクが作れるのがいいですね。両親と私はコーヒーですが娘はチョコチーノを気に入ってを飲んでいます。
見た目のデザインがかわいらしくて良いです。
上部のレバーの操作は初めて見る人にはわかりづらいかもしれませんが、一度使うと便利です。
コーヒーは専用カプセルの種類しかないので自分に合うものがあるか不安でしが、マイルドなモーニングブレンドがちょうど好みでした。
とにかく手入れが簡単で、今まで使ってたコーヒーメーカーはあちこち部品を外さないといけなかたのですがこれはホルダーをさっとすすぐだけなので10秒しかかかりません。
飲みたいときにすぐに美味しいコーヒーが飲めて満足です。食後の一杯に大活躍しています。
抽出時の音が少し大きい気もしますが、20~30秒程度なので気になりません。
使い方も簡単ですし手入れもとても楽です。
カプセルが高いのが、ちょっと残念ですが美味しいので満足してます。
マシンをビックカメラで購入した後に「カプセル定期便」だとマシンが無料でもらえることを知りました。ほぼ毎日欠かさず飲んでいるので定期便にすればよかったなとちょっと後悔しています。
ジェニオ2プレミアムを購入しました。売れ線はレッドのようですが、ブラックにしたところうちのキッチンには合っていて満足しています。
手軽にいろんな味のコーヒーを試すことができるのが一番のメリット。カプセルを入れてレバーを倒すだけなので非常に楽ちんです。
前に置いてたコーヒーメーカーと比べてサイズもコンパクトになりました。
味は自分で淹れるドリップコーヒーには及びませんが、自分で作ると10分以上かかるのでついついドルチェグストのコーヒーを飲むようになりました。 コンビニコーヒーくらいの美味しさはあるので十分満足です。
ドロップのマシンを購入しました。とてもモダンというか近未来的なデザインです。操作部分はタッチパネルだし、キッチンやオフィスにあったらなかなかカッコいいと思います。
カラーも安っぽいプラスチッキーな赤ではなく、ややメタルがかった深みのある色で気に入っています。
普通のコーヒーメーカーでは作れないエスプレッソが本格的に抽出できるのが嬉しいです。 全体的につるっとしたデザインなので掃除は楽です。埃が気になったらキッチンペーパーでさっと拭いています。
うちは定期便で購入しているのでカプセルホルダーにいろんなドリンクメニューをストックしてます。コーヒーからラテまで色々な種類があり、今日はどれを飲もうかと迷うくらいです。普通のコーヒーも美味しいですが、お気に入りはミルク入りのメニュー。
ふわふわの泡が作れるのはドルチェグストならではです。 ジェニオ2プレミアムを買ってからドリップ式の面倒臭さから解放されました。手軽さのおかげで飲む回数が増えて困っています。

Twitterでの評判

 

ドルチェグストを一番お得に使うなら定期便!

ドルチェグストの購入を検討中なら、家電量販店なんかで買うよりもお得に手に入れる方法があります。

それはドルチェグストのらくらく定期お届け便。

ドルチェグストのカプセルの種類

ドルチェグストのカプセルを、2か月に一度、4箱以上購入することで、定価14,000円以上するドルチェグストのコーヒーメーカー本体が

無料レンタルで使えるんです!!

カプセルは1箱16個入りなので、箱は64カプセル。

レギュラーコーヒーなら64杯分。カプチーノなどミルクメニューなら31杯分です。

2か月で64杯なので、1日〜2日に1杯ほどコーヒーを飲む方(ご家族)であれば、カプセルらくらく定期お届け便がお得ということですね。

ドルチェグストを普通に購入する場合と、カプセル定期便を利用する場合を表にまとめてみました。

通常購入 カプセル定期お届け便
定価:14,086円
Amazon価格:9,298円
ジェニオ2プレミアム
ジェニオ2プレミアム
マシン本体の金額
0円
無料レンタル
通常価格:3,696円 カプセル4箱の金額
(レギュラーコーヒー64杯分)
定期便特価:3,504円
(5%OFF)
入会時のおまけ バラエティカプセルセット
バラエティカプセルセット
1年間
(マシン登録すると2年間)
マシン本体保証 レンタル期間中は基本無償修理

カプセル定期便はカプセルの金額だけでマシンが手に入ります。
こうして見ると、定期便がいかにお得かがわかりますね!

申し込み方法は下記のネスカフェキャンペーンページに入り、マシンの色を選択してお届け先の情報を登録するだけです!

⇒ドルチェグストが無料で使える!定期便はこちら


コメントを残す