【最新機種】ネスカフェバリスタi [バリスタアイ]開封レビュー

スマートフォンから操作できるコーヒーメーカー、ネスカフェゴールドブレンド バリスタi [バリスタアイ]。2016年10月に発売されてからテレビや雑誌で取り上げられ家電量販店でも売上トップの商品です。

そんな最新機種のバリスタアイを、マシン本体が無料でもらえる「コーヒー定期お届け便」で入手したので、使い心地をレビューしたいと思います!


バリスタアイってどんなマシン?

ネスカフェからは大きく分けて2種類のコーヒーマシンが販売されています。ひとつは今回レビューする「ネスカフェゴールドブレンド バリスタ」シリーズ。もうひとつは「ネスカフェドルチェグスト」シリーズです。

ネスカフェゴールドブレンド バリスタ(以下バリスタ)は、その名のとおりネスカフェのインスタントコーヒー「ネスカフェゴールドブレンド」を最高に美味しく抽出するためのコーヒーマシン。普通にお湯を注ぐのとは異なり、圧力をかけて抽出するのでクレマ(泡)のたったエスプレッソンのようなコーヒーが手軽にできるのが魅力です。

一方のドルチェグストは挽きたてのコーヒー豆をカプセルに密封したレギュラーコーヒー。インスタントではなく本物の豆を使って一杯ずつコーヒーを作るので常に挽きたて・淹れたてのコーヒーが楽しめます。

⇒ドルチェグストについてはこちらの記事で

豆を使うドルチェグストの方が味が良いと言われますが、コストパフォーマンスはバリスタの方が優秀で、バリスタは一杯あたり約30円、ドルチェグストは一杯あたり約60円と約半分の費用で済みます。

今時のコーヒーメーカーはタッチパネル操作

家電量販店ではなく、定期便を利用して購入したので注文から4日後にマシンとコーヒがセットで段ボールに入って家に届きました。

早速開封。おまけのガラスマグカップとネスカフェブライトも入っていました。

マシンの大きさは電気ポットぐらい。奥行きはそこそこありますが、横幅がスマートなので狭いスペースでも収まります。抽出部の下にはドリップトレイという受け皿があるので基本的に周りを汚す事はありません。棚の上とかに置いても大丈夫そうです。

初めて使用するときは説明書を見ながらマシン内部の洗浄を行います。説明書は図で解説されており、文字も大きくて見やすくなっています。コーヒー豆は入れずに背面のタンクに水だけセットしてカプチーノのボタンを押します。

バリスタアイは上部のタッチパネルの5つのボタン(+電源ボタン)で操作します。ボタンに軽く触れるとブーンという音とともに上記と水が出てきました。

洗浄が完了したので、早速コーヒーを淹れてみましょう。上部のトップカバーを開けてコーヒータンクを取り外します。バリスタ専用の「エコ&システムパック」はタンクに差し込むだけで粉がタンク内にザーっと入ります。コーヒーの粉をこぼす心配の無いよくできた容器です。

コーヒーを入れたらマシンにセット。電源を入れて約20秒、マシンが暖まるとメニューボタンが光ります。バリスタアイで作れるメニューは5種類。

  • エスプレッソ(80ml)
  • ブラック(140ml)
  • マグサイズ(210ml)
  • カフェラテ(160ml)
  • カプチーノ(140ml)

カフェラテとカプチーノは別売りのネスカフェブライト(粉ミルク)か牛乳を使って作ります。

今回はエスプレッソタイプを淹れてみます。一番上の小さなカップのボタンにタッチ。ブーンという音がして抽出がはじまります。コーヒーの香ばしい香りがふわっと広がりました。

タッチパネルのエスプレッソボタンで抽出

マグカップを見てみると、インスタントコーヒーで淹れたとは思えない立派なクレマ(泡)が乗っています!

バリスタアイのクレマ

飲んでみると、たしかに普通にインスタントコーヒーを淹れたのとはっきり異なるしっかりとした香りとコクのあるエスプレッソに仕上がっています。

本格的なエスプレッソマシンに比べると味は劣るかもしれませんが、たった30円で手軽に飲めるのは非常に魅力的です。

電源を入れてから1分程度でコーヒーができあがるので、お湯を沸かしてインスタントコーヒーを作るよりもずっと簡単で早くできます。これは便利!

ちなみにバリスタの背面タンクに入れるのは水でOKです。マシン内で瞬時に温めてお湯で抽出してくれます。

 

翌朝は牛乳を使ってカフェオレを作ってみました。マグに牛乳を半分ほど入れて、レギュラーコーヒーボタンをピッと。たった1分で抽出完了。ミルクは泡立てていませんが、コーヒーのクレアがあるので表面に薄い泡の層ができています。

バリスタアイで作ったカフェラテ

味もコーヒーのしっかりとした風味がありスティックのカフェオレよりもずっと美味しいのでこれから朝はバリスタアイを使おうと思います。明日はカプチーノを作ってみようかな。

後片付けも簡単!

毎日のお片づけはマシン下部のコーヒーのしずくをためるドリップトレイと内部のコーヒー抽出部部品をすすぐだけ。慣れれば3分程度でできます。1週間に一度程度、内部のコーヒー計量器の拭き取り掃除を行います。

バリスタアイかドルチェグストどっちにするか迷う!

どちらも非常に人気のあるネスカフェバリスタとドルチェグスト。マシンとランニングコストが安い分、販売台数ではバリスタシリーズの方が売れているようですが、味重視のドルチェグストもかなり人気があります。

ここで簡単にバリスタアイとドルチェグストを比較してみましょう。

バリスタアイ シリーズ ドルチェグスト
 20円〜 一杯あたりの費用  50円〜
 約7,000円 マシンの費用  約8,000円〜
 ☆☆★  ☆☆☆
 5種類 ドリンクの種類  14種類以上

私はバリスタアイもドルチェグストも両方持っていますが、味重視でコーヒー以外にもいろんなドリンクを飲みたい人はドルチェグストなるべく費用を安く美味しいコーヒーを手軽に飲みたい人にはバリスタアイが向いてると思います。

用途としては、朝イチや仕事の合間など時間のないときにはボタン2つで即抽出できるバリスタアイが便利です。反対に休日やゆっくりしたいときに使おうと思ってる方にはドルチェグストの方がいいかもしれません。

近所の美容室でもネスカフェアンバサダーを利用してバリスタとドルチェグスト両方を置いていますが、オーナーに聞いたところやはりコストの関係でほとんどバリスタだけを使っているそうです。

⇒仕事用途ならマシンが無料!ネスカフェアンバサダーの詳細はこちら

ご家庭で、バリスタアイが無料で使えるキャンペーン

バリスタアイは新発売記念キャンペーンとして、ネスレ公式によるマシンが無料で使えるキャンペーンを開催中です。

ネスカフェのラクらく定期便というコーヒー定期購入サービスを利用する事で、通常7,000円以上するバリスタアイのマシンを無料レンタルで使う事ができるんです。私もこのキャンペーンを利用してバリスタアイを入手しました。

定期便といっても1か月〜4か月に一度の配送から選べるので、「コーヒーがたまりすぎて飲みきれない!」なんて心配はありません。定期便の注文内容やお届け日はWEBから簡単に変更できるのも嬉しいポイント。

さらに定期便利用中はずっとバリスタアイは無償修理保証の対象になります。お店で普通にマシンを買うと1年で保証が切れますが、これならずっと使えて安心ですね。

しかもこの定期便、解約するときも違約金などはかかりません。必要なのはレンタルのマシンを返送する送料だけ。つまり実質コーヒー代だけでバリスタアイを使い続けることができるということです!

あくまで新発売キャンペーンなので、いつまでやっているかは未定です。バリスタアイ使ってみたい!という人は早めのお申し込みをおすすめします!

⇒バリスタiが無料で使える!定期便キャンペーンの申し込み方法 の記事はこちら

⇒バリスタアイが無料で使えるキャンペーン【ネスカフェ公式】



コメントを残す