最新機種ネスカフェバリスタ50[Fifty]をカフェ店員が使ってみた

2017/8/8更新
ゴールドブレンド50周年記念バリスタ50

累計400万台突破、日本で一番売れているコーヒーメーカー「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」。

9月1日にバリスタシリーズの最新モデルとして、50周年記念モデルバリスタ50[Fifty] が発売されることになりました!

今回は新機種バリスタ50の仕様と、従来のマシンから進化したポイントをご説明します!

ネスカフェゴールドブレンドが発売50周年!

まずはせっかくなのでちょっとだけゴールドブレンドの説明を。。

ネスカフェゴールドブレンドは、言わずと知れたインスタントコーヒーの代表的ブランド。

ネスカフェゴールドブレンド

コーヒーを全く飲まない人でも一度はこのボトルを見たことがあるでしょう。

厳密には従来のインスタントコーヒーとは製法のことなる「レギュラーソリュブルコーヒー」というもので、一杯ずつ淹れたての香りとコクを楽しめるように作られています。

 

そんなネスカフェゴールドブレンドが今年で登場50周年!

それを記念して、ネスカフェゴールドブレンドを最高に美味しく淹れるためのコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の50周年記念モデル

ネスカフェゴールドブレンド バリスタ50

が登場するというわけです。

ではバリスタ50が、旧機種のバリスタi とどう違うのか?見ていきましょう。

いちばん大きな進化は自動洗浄の「リンス」機能

僕がバリスタ50の機能で最も「便利になりそうだな〜」と思ったのが、今までよりも簡単にマシンの洗浄メンテナンスができる「リンス」機能。

バリスタはコーヒーを作るのはボタン2つ、1分ほどですぐにできてとってもお手軽なのですが、一日の最後に洗うのがちょっと面倒だったのです。

分解するパーツが5つほどあり、これらを2分ほどお湯につけてすすぎます。まぁ他の一般的なコーヒーメーカーに比べるとずっと楽なのですが。。

今までの洗浄のひと手間が解消されるのなら、バリスタiから買い替えてもいいかなと思うぐらいです。

バリスタ50は今までよりもコンパクトなデザインに

バリスタiからバリスタ50になって最も変わったのは見た目のデザインです。

今までは前面も背面も丸っこい形をしていたのですが、バリスタ50では水タンクのある背面がストンとまっすぐのデザインに変更。

 

これによって本体を壁ギリギリに置けるようになりました。

バリスタiとバリスタ50

本体の幅もバリスタiよりもスリムになって、狭いキッチンや棚の上でも置きやすそうですね。

コーヒー抽出のボタンが押しやすくなった

バリスタ50ではコーヒーのメニューボタンが大きくなり、横一列に並べられました。

今までのバリスタiでもボタンが押しにくいと感じたことはなかったのですが、高齢の方にはより使いやすいバリアフリーデザインに近づいたのではないかと思います。

カプチーノのレシピが変更されてより濃厚な美味しさを楽しめるように

バリスタで作る「カプチーノ」はスチームを使ったふわっふわの泡が楽しめる人気メニューです。

バリスタアイで作ったカプチーノ

バリスタ50ではレシピが改善されて、より濃厚な味を楽しめるようになるそう。

おそらくですが、コーヒーを溶かすお湯の量を減らすことで薄まった感じが解消されるのではないかと思っています。

カラーバリエーションは5種類、発売は9月1日

バリスタiはレッドとホワイト、ウッディブラウンの3色展開でしたが、バリスタ50では5色のカラーバリエーションが登場します。

今明らかになっているのはレッド、プレミアムレッド、ピュアホワイト、ウッディブラウン、シャンパンゴールドの5色。

バリスタ50カラーバリエーション

このうちレッドはスーパーマーケットなどで販売されるやや廉価版のモデルになるようです。

またシャンパンゴールドは50周年記念の期間限定モデルとのこと。

発売日は9月1日(金)で、期間限定のシャンパンゴールドのみ10月1日(日)になっています。

高級感のある名前が付いているので、おそらくボディのパネルが今までのプラスチックっぽい質感から、ドルチェグストジェニオ2プレミアムのようなずっしりした物に変更されるのではないかと思います。

定価は7,389円から。カラーによって微妙に異なる

バリスタ50はレッドのみ少し安くて希望小売価格(税抜)7,389円。

その他の色は少し高くて8,315円になります。

カラー 希望小売価格(税抜)
バリスタ50レッド
レッド
¥7,389
バリスタ50プレミアムレッド
プレミアムレッド
¥8,315
バリスタ50ピュアホワイト
ピュアホワイト
¥8,315
バリスタ50ウッディブラウン
ウッディブラウン
¥8,315
バリスタ50シャンパンゴールド
シャンパンゴールド
¥8,315
※10月1日発売

 

バリスタ50の使い方はとても簡単

使い方と言ってもバリスタ50はまだ発売されていないので、うちにある旧機種バリスタi で使い方を説明しましょう。

バリスタは基本的に進化しても根本の使い方は変わらないので、(ボタン配置はやや違いますが)ほぼ同じステップで使えるはずです。

1.背面の水タンクをセット

背面についているタンクに水を入れます。

8〜10杯分入るので、一度補給すればその日一日使えるはずです。

2.電源を入れてマグカップをセット

電源ボタンを押してマグカップをセット。

マシンの予熱がはじまります。抽出できる状態になるとメニューボタンが緑色に点灯します。

3.好みのコーヒーのボタンを押す

タッチパネルのエスプレッソボタンで抽出

バリスタで作れるコーヒーはコーヒー、コーヒー(マグサイズ)、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノの5種類。※カフェラテとカプチーノは牛乳かネスカフェブライトを使用します。

氷を入れてエスプレッソボタンを押せばアイスコーヒーを作ることもできます。

電源を入れてから抽出まで1分もかかりません。抽出中はコーヒーの香ばしいかおりが広がります。

バリスタ50にも定期便が登場する?

現行機種のバリスタiでは、コーヒーを定期購入することでマシンを無料レンタルして利用できる「定期便」コースがあります。

⇒バリスタiのマシンが無料で使える定期便の記事はこちら

普通に購入すると8,000円以上するマシンをタダで使えるので、とてもお得で大人気のサービスです。

この定期便、バリスタ50でも登場するかどうかは今のところ発表されていません。

ただ今回のマシンバージョンアップはリンス(洗浄)機能をはじめとした改善点が多いので、要望は多いはず。

ネスレからの発表があれば当サイトでもご紹介させていただきます。

今すぐ買うならバリスタi の定期便で!

今すぐバリスタを定期便で使いたい!という方は、バリスタi定期便を利用しましょう。

バリスタi定期便は最初の3回の配送が済めば解約OKなので、とりあえずバリスタi で使い始めて、バリスタ50の定期便が登場したら乗り換えるというのもアリだと思います。

バリスタiが無料でもらえるコーヒーカートリッジ定期便

コメントを残す